コロイド嚢胞とは?

  • 全脳腫瘍の1%弱。脳室内腫瘍だと10-20%弱。
  • 第3脳室前部/Monro孔の良性腫瘤。
  • 症候性のものは半数。
  • 20-50歳が中心で、小児には稀。
  • 症状は、頭痛、嘔吐、記憶障害など。急性水頭症、突然死(Monro孔の急性閉塞による)の原因となる事がある。
  • 嚢胞内部に出血が見られることあり。内部はゼリー状で粘稠度はさまざま。
  • 自然にサイズが縮小するものがある。
  • 治療は外科的切除が最多。

コロイド嚢胞の画像診断

  • CTでは内部高吸収値
  • MRIではT1WIで内部高信号T2WIで低信号。Gdによる造影で辺縁が造影されることがある。
  • 境界明瞭で、大きさは3-40mm。
症例 70 歳代の女性。頭痛を主訴に来院した。頭部 CT にて異常が指摘され精査。

coroid cyst

画像は2011年放射線科診断専門医7番より引用。

第3脳室に著明に造影される腫瘤あり。水頭症あり。

コロイド嚢胞を疑う所見です。



スポンサーリンク



関連記事はこちら