Sponsored Link

2011年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【6-10】

問題原本はこちらからご覧下さい。

6, 

40 歳代の男性。軽度の頭痛を主訴に来院した。頭部 CT で異常が疑われ,MRI にて精査となった。頭部単純 CT と T2 強調像を示す。可能性が最も高いのはどれか。
a クモ膜囊胞
b 血管周囲腔
c 転移性腫瘍
d 陳旧性出血
e 慢性期ラクナ梗塞
6, b

参考)血管周囲腔(perivascular space)のMRI画像所見


 

7,

70 歳代の女性。頭痛を主訴に来院した。頭部 CT にて異常が指摘され精査となった。頭部 MRI を示す。この疾患について正しいのはどれか。1 つ選べ。
 a 石灰化を伴いやすい。
 b 髄腔内播種を生じやすい。
 c 高信号は脂肪成分に由来する。
 d 松果体病変を合併することが多い。
 e 単純 CT で高吸収を示すことが多い。
7, e
コロイド嚢胞の画像診断

CTでは内部高吸収値

・MRIではT1WIで内部高信号T2WIで低信号。Gdによる造影で辺縁が造影されることがある。

参考)コロイド嚢胞の画像診断(第3脳室、脳室内腫瘤)


 

8,

40 歳代の男性。検診の胸部 X 線撮影で縦隔腫瘤が疑われ精査となった。胸椎 MRI を示す。可能性が高いのはどれか。2 つ選べ。
a 上衣腫
b 髄膜腫
c 神経鞘腫
d 神経線維腫
e 転移性腫瘍
8, c、d

・ダンベル型の形態を示す髄外で硬膜外腫瘍。

ダンベル型の病理組織別頻度

1位 神経鞘腫 7割
2位 神経線維腫 1割
3位 神経芽腫、神経節神経腫 1割
4位 髄膜腫 5%
5位 血管腫 2%

参考)脊椎(椎体、脊髄)のダンベル型(鉄亜鈴型腫瘍)の鑑別診断

Sponsored Link

9,

40 歳代の男性。対麻痺を主訴に来院した。脊髄 MRI を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 上衣腫
b 血管芽腫
c 神経鞘腫
d 星細胞系腫瘍
e 脊髄動静脈奇形
9, b
脊髄血管芽腫

・びまん性の脊髄腫大、腫瘤はT1WIで等~低信号。T2WIでは典型的にはflow voidを含む高信号を示す。周囲の浮腫も見られる。

・造影MRIでは強く均一に増強される。(大きくなると不均一になる)

・腫瘍の上下に嚢胞を伴うことが多い(75%) 内容液はタンパク質に富み、腫瘍からの浸出液と考えられている。

・約半数で脊髄背側に拡張蛇行した血管が見られる。

・胸髄(50%)、頸髄(40%)で見られる。多発性の場合はvon Hippel Lindau病を考慮。


 

10,

40 歳代の男性。記銘力低下,嘔気,嘔吐を主訴に来院した。頭部 MRI と MRA を示す。可能性が最も高いのはどれか。
a 硬膜動静脈瘻
b 横静脈洞血栓症
c 単純ヘルペス脳炎
d 両側中大脳動脈領域梗塞
e MELAS(mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes)
10, e
MELAS

・多くは15歳未満に脳卒中様症状やけいれんで発症。

・画像上は後頭葉や側頭葉優位に梗塞様の皮質に至る病変を認める。病変部位が血管支配に合致せず、急性期病変のADCが低下せず可逆性変化を呈しうる点が梗塞と異なる。

・急性期病変の血流亢進を反映してMRAでは病変側の血管が太く描出されたり、潅流画像での高血流を認める。

参考)MELAS症(ミトコンドリア脳筋症、乳酸アシドーシス、脳卒中様発作)

2011年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら