Sponsored Link

2012年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【61-65】

問題原本はこちらからご覧下さい。

61, 

50 歳代の男性。慢性膵炎と膵仮性囊胞で経過観察中に下血を認め,緊急血管造影が施行された。DSAを示す。
考えられるのはどれか。2 つ選べ。
a 真性動脈瘤が考えられる。
b 上腸間膜動脈造影は必須である。
c 胃十二指腸動脈に動脈瘤を認める。
d neck の狭い動脈瘤なので packing が望ましい。
e 病変部の動脈をコイル塞栓すると膵壊死をきたし易い。
61, b,c

・胃十二指腸動脈瘤(GDA)動脈瘤の症例。稀な動脈瘤。

GDAの塞栓には、下膵十二指腸のアーケードの発達の確認が必要なので、SMA造影は必要。

・真性動脈瘤なら、packingであるが、仮性動脈瘤は組織間に形成された間に血液があって瘤のように見えているだけなので前後のGDAをしっかり塞栓するしかない。packingでは全く無効。

腹部動脈瘤の頻度

・脾動脈瘤 60%
・肝動脈瘤 20%
・上腸間膜動脈瘤 5%
・腹腔動脈瘤 5%
・胃および胃大網動脈瘤 5%
・空腸結腸動脈瘤 3%
・膵十二指腸動脈瘤 2%
胃十二指腸動脈瘤 1%

動脈瘤治療法

瘤径が20mm以上で治療適応。腎動脈瘤は15mm以上。ただし、膵十二指腸アーケード動脈瘤はサイズによらず治療適応

・あとは壁在血栓や壁の石灰化などを考慮する。サイズが最も大事。

・真性動脈瘤の場合、動脈瘤頸部(neck)が動脈瘤の最大横径(dome)の1/2以下の場合はpacking。 1/2以上の場合はisolation。 ※isolationとは 動脈瘤遠位と近位をコイリングすること。

・仮性動脈瘤の場合、Isolationと必要に応じてNBCA(ヒストアクリル)。


 

62,

60 歳代の男性。労作時に胸部から上腹部に電撃痛を認め来院した。膵炎の既往がある。腹部造影 CTを示す。治療法として適切なのはどれか。1 つ選べ。
a CT ガイド下後腹膜ドレナージ
b 蛋白分解酵素阻害剤動注
c 大動脈ステント留置術
d 膵管ステント留置術
e 動脈塞栓術
62, e

・単純CTで高吸収あり、早期動脈相でextravasationと思われる像あり。仮性動脈瘤の破裂と思われる。

参考)膵十二指腸アーケード動脈瘤の画像診断


 

63,

30 歳代の女性。突然の下腹部痛を主訴に来院した。最終月経は 1 週間前,hCG 正常。腹部単純 MRIを示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 卵巣捻転
b 骨盤内膿瘍
c 卵巣黄体出血
d 子宮外妊娠破裂
e 卵巣内膜症性囊胞破裂
63, e

・左卵巣に二ボーあり。T1WIおよび脂肪抑制T1WIにて高信号あり、内膜症性嚢胞。血性腹水を認めており、破裂か。

・最終月経は1週間前だから、月経期から卵胞期。

参考)内膜症性嚢胞破裂の画像診断

Sponsored Link

64, 

0 歳女児。腹部腫瘤を触れる。腹部 CT(単純と造影)を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 神経鞘腫
b 未熟奇形腫
c 後腹膜血管腫
d 悪性線維性組織球腫
e 後腹膜粘液性囊胞性腫瘍
64, b

・脂肪および石灰化あり。

未熟奇形腫の画像診断

・充実部と嚢胞が混在する。

細かい、ちりばめられたような脂肪と、同部に重なる増強される充実部。

・細かい石灰化も見られることがある。


 

65,

60 歳代の女性。記憶障害を主訴に来院した。脳血流 SPECT を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 脳梗塞
b 正常圧水頭症
c 慢性硬膜下血腫
d アルツハイマー病
e 前頭側頭型認知症
65, d

・65歳以下の早期アルツハイマー病の場合、代謝・血流低下は後部帯状回・楔前部、頭頂側頭連合野から始まり、病期の進行に伴い前頭連合野(前頭葉の運動野より前の部分)に進展する。

参考)アルツハイマー病における脳血流SPECTの画像診断

2012年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら