Sponsored Link

中頭蓋底を中心として認められる孔

[illust_bubble subhead=”中頭蓋底を中心として認められる孔では、” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]
・正円孔
・卵円孔
・棘孔
・頸動脈管
・翼突管
・内耳道
・頸静脈孔
・Dorello管
・舌下神経管

を中心に、走行するものと、解剖学的位置を押さえておきましょう。[/illust_bubble]

正円孔

海綿静脈洞部-翼口蓋窩を繋ぐ孔。

前後方向を走る。なので冠状断で穴として確認できる。

・通るもの:V2(上顎神経)、動静脈

zugaitei3seienkouranenkou

卵円孔

Meckel’s cave-咀嚼筋間隙に連続する。

上下方向上咽頭近傍の病変が頭蓋内へ進展するルートとなる。

・通るもの:V3(下顎神経)、動静脈(副中硬膜動脈)

▶三叉神経と正円孔、卵円孔の位置関係sansa

 

・このように三叉神経は脳幹からMeckel腔に入り、3本に分かれる。

・卵円孔は上下方向にあり、頭蓋内←→外の腫瘍や炎症の進展経路

棘孔

・通るもの:中硬膜動脈

zugai

頸動脈管

・通るもの:内頸動脈

・変異=内頸動脈部分欠損

carotidcanal

動画で学ぶ頭蓋底の孔

Sponsored Link

 

関連記事はこちら