前立腺膿瘍(prostatic abscess)

・前立腺炎から膿瘍を形成することあり。

糖尿病や免疫低下状態にある患者、前立腺生検後、尿度カテーテル留置後などに発症する。

・症状は、急性尿閉、頻尿、発熱、血尿、肛門部不快感など。

・直腸指診で前立腺肥大と圧痛あり。

前立腺膿瘍の画像所見

・膿瘍は単房性または多房性。

・前立腺の辺縁域に発生することが多い。

・CTでは辺縁の造影される低吸収域として描出される。

・MRIではDWIで膿瘍部位は著明な高信号(拡散低下)として描出される。

症例 20 歳の男性。陰部痛を主訴に来院。

prostatic abscess2005年放射線科専門医試験問題49より引用。

前立腺内に、T2WIでは内部高信号、造影後T1WIでは辺縁部に強い造影効果が認められ、DWIでは内部に異常な高信号を呈しており前立腺膿瘍を疑う所見。
動画で学ぶ前立腺膿瘍

▶キー画像
prostate



スポンサーリンク



関連記事はこちら