Sponsored Link

閉鎖孔ヘルニア(obturator hernia)

  • 外ヘルニアの一つ。
  • 痩せた多産の高齢女性に多い。
  • 閉鎖管内と恥骨筋の背側に異常な構造物が存在する。
  • 小腸(回腸)(>結腸、大網、卵巣、卵管、子宮)が嵌頓しやすく、腸管壁の一部だけが嵌頓するRichterヘルニア(腸壁ヘルニア)が多い。
  • 閉鎖管を通過する閉鎖神経が圧迫されるため、患側の大腿内側から、膝、下腿に放散する痛みや知覚異常などがみられることがある(Howship-Romberg sign)。約半数に見られる。
  • 閉鎖孔ヘルニアの内容物は恥骨筋で覆われ深部に存在するのでヘルニアの発見が遅れることがある。
  • CTでは、外閉鎖筋と恥骨筋の間の間隙が1cm以上に拡大して、軟部組織や脂肪濃度構造が同定できれば、閉鎖孔閉鎖孔ヘルニアと診断される。
  • ヘルニアの内容は小腸が多く、嵌頓しやすいため、治療は手術となる。

外閉鎖筋と恥骨筋の解剖・関係

20歳代男性の症例で見てみると、外閉鎖筋と恥骨筋の解剖はこのようになります。

obturator-hernia-001

閉鎖孔ヘルニアのシェーマ

obturator herniaここまでわかる急性腹症のCTを参考に作図

症例 動画で学ぶ閉鎖孔ヘルニア(80歳代女性)

▶キー画像
obturator hernia1

外閉鎖筋と恥骨筋の間に腸管のはまり込みあり。閉鎖孔ヘルニアを疑う所見。

Sponsored Link


 

症例 80歳代女性

obturator hernia


症例 80 歳代の女性。腹痛。

OBTURATOR HERNIA2012年放射線科診断専門医試験問題47より引用。

小腸イレウスあり。CTにて右閉鎖孔に腸管の嵌頓あり。


 

症例 80 歳代の女性。腹痛を訴えて来院。

OBTURATOR HERNIA

2006年放射線科診断専門医試験問題52より引用。

小腸イレウスを認めている。左の閉鎖孔に嵌頓あり。閉鎖孔ヘルニアを疑う所見である。


症例 80 歳代の女性。2 日前から腹痛。

OBTURATOR HERNIA2014年放射線科診断専門医試験問題44より引用。

小腸は拡張およびニボー像を認めており、イレウスの状態。左閉鎖孔に嵌頓を認めており、左閉鎖孔ヘルニアを疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら