Sponsored Link

放射線科専門医過去問頻出問題 治療【膵癌】

腫瘍 照射線量 治療法
早期膵癌 手術→化学療法が標準。
切除不能局所進行膵癌 50Gy 同時化学放射線療法が標準治療。エネルギーは10MV以上をガツン!化学療法では5-FUを使用。
20Gy:切除例30Gy:非切除例 術中照射を行なうことがある。これは上の外照射と併用する。単独はダメ。用いるのは電子線。1回大量線量照射。
腹膜播種、転移もあるが、心窩部痛がモルヒネでコントロール不可な進行膵癌(ただし全身状態は良好) 放射線治療の適応あり。放射線治療単独でも疼痛緩和効果あるから。

早期膵癌

手術→化学療法が標準。

切除不能局所進行膵癌 2011

同時化学放射線療法が推奨される。
5FU併用CRTが局所進行膵癌の標準治療。★

・同時化学放射線療法では,50 Gyの外部照射が必要である。

・エネルギーは10MV以上(6MV以上)

術中照射をすることがある。これは外部照射と併用する。単独はダメ。

※術中照射では、切除例は20−25Gy、非切除例では25−30Gyを照射する。用いるのは外部照射のような高エネルギーのX線ではなく、電子線(10-20MeV)を1回のみ照射する(術中なのでそりゃ1回。)。

・リスク臓器は消化管、肝臓、腎臓、脊髄。消化管潰瘍、血管狭窄、膵膿瘍などを起こすことがある。

・術中照射によるCTでの腫瘍縮小効果判定は1ヶ月後に行なう。
※腫瘍縮小効果は治療後すぐには出ず、2週間〜1ヶ月かかるから。

・ゲムシタビン(ジェムザール)併用放射線治療では,腸管障害に注意する必要がある。
※切除不能な局所進行膵癌の標準治療は、上のように化学放射線療法である。しかし、最近は、これらの病変に対してまずジェムザール単剤を効果がある限り繰り返して、少しでも増大傾向にあればRTを加えるようになっている。
※一般的な副作用としては、骨髄抑制と吐き気・嘔吐、口内炎などの消化器症状が多いとされています。そのほか、発疹などの過敏症、頻脈、発熱、頭痛、めまい、脱毛などが起こることもある。

腹膜播種+肝転移の切除不能膵癌。全身状態はよく、心窩部痛がモルヒネでコントロール不可症例

疼痛緩和目的のRTの適応がある。

・放射線単独治療でも,疼痛緩和効果はあるから。
※心窩部の原因は腫瘍が腹腔神経叢に浸潤したため。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら