Sponsored Link

ダンベル型の病理組織別頻度

  • 1位 神経鞘腫 7割
  • 2位 神経線維腫 1割
  • 3位 神経芽腫、神経節神経腫 1割
  • 4位 髄膜腫 5%
  • 5位 血管腫 2%
  • 6位以下 血管脂肪腫、傍神経節腫、悪性末梢神経鞘腫瘍、悪性リンパ腫、黒色腫、横紋筋肉腫、孤立性線維性腫瘍(SFT)、メラニン細胞腫

ダンベル型の位置別頻度

  • 1型:硬膜内および硬膜外 1割
  • 2型:硬膜内、硬膜外および傍椎体 3割
  • 3型:硬膜外および傍椎体 5割
  • 4型:椎間孔および傍椎体 5%

ダンベル型を呈する脊髄腫瘍

症例 40 歳代の男性。検診の胸部 X 線撮影で縦隔腫瘤が疑われ精査。

Schwannoma mri2011年放射線科診断専門医試験問題8より引用。

ダンベル型の形態を示す髄外で硬膜外腫瘍。神経鞘腫や神経線維腫を疑う所見。

参考文献)エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI 第2版 柳下 章先生

Sponsored Link

 

関連記事はこちら