Sponsored Link

川崎病

・全身の中小動脈の炎症を起こす原因不明の疾患

・主に4歳以下の乳幼児(男児にやや多い)が罹患する。

25%が冠動脈瘤を発生するが、そのうち半数は退縮する。

川崎病の診断基準

  • 5日以上続く原因不明の発熱
  • 両側眼球結膜の充血
  • 手足の硬性浮腫、膜様落屑
  • 全身皮膚の不定型発疹
  • 赤く腫れる口唇、苺舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤
  • 有痛性非化膿性頸部リンパ節腫脹

▶5つ以上満たす、または、4つの症状+冠動脈瘤→川崎病
▶4つの症状で冠動脈瘤がない場合、または、3つ以下の症状+冠動脈病変→不全型

 川崎病の画像診断

冠動脈瘤を捉えることが大事

・エコー、血管造影、造影CT、coronary MRA(MRCA)

造影CTの場合は心電図同期が必要。

・小児の冠動脈のサイズは5歳未満では3mm以上5歳以上では4mm以上。動脈瘤は冠動脈の近位に多い。

・大人の場合は、接する中枢側の血管径が1.5倍以上。

高率に石灰化を合併する。

虚血の評価も必要(負荷perfusion/SPECT検査)

その他

頸部リンパ節腫大

頸部CTで浮腫のような所見を認める事がある。

参考:冠動脈MRAの適応

・冠動脈狭窄:造影剤使用不可、若年者など
・先天性冠動脈奇形
・川崎病
・CAGB後:グラフト開存評価

Sponsored Link

 

関連記事はこちら