付属器腫瘍をみつけたら形態で分類する

・本当に付属器腫瘤なのかを確認した上で、形態的な振り分けをする。

ovariantumor

・単房性嚢胞生性腫瘤:良性
・多房性嚢胞生性腫瘤:良性〜境界悪性〜悪性
・嚢胞性+充実性腫瘤:悪性
・充実性腫瘤    :良性〜境界悪性〜悪性
          Imaoka,I et al.Radiographics 2006;26:1431
形状は様々

・嚢胞内に充実性成分
・嚢胞外に外反する充実性成分 serous papillary adenocarcinoma

ovariantumor1

多房性嚢胞性病変

・粘液性嚢胞性腫瘍
・転移性腫瘍(特に、大腸、虫垂。両側性の場合は特に考慮)
・卵巣甲状腺腫
・良性・生理的変化(卵巣過剰刺激症候群、iclusion cystなど)

多房性嚢胞性腫瘤をみたら転移の可能性を常に考え、腸管はいつもチェックする。

多房の房の数が増えるほど悪性の可能性が高くなる。充実部位がはっきりしなくても。

・多房性嚢胞性腫瘤をみたら、隔壁の数、隔壁の厚さ、壁在結節をチェック。

嚢胞の大きさが5cmを超えるとき

・腫瘍性の可能性あり。

・嚢胞腺腫〜境界悪性腫瘍(漿液性、粘液性(多房性が多い、Brenner腫瘍合併))
・奇形腫
・内膜症性嚢胞に合併する腫瘍(明細胞癌、類内膜癌、MMBT)
などを考慮。

嚢胞性+充実性腫瘍

・多くの卵巣腫瘍がこれに当てはまる。

・卵巣癌
・性索間質性腫瘍
・転移性腫瘍(胃癌、大腸癌、乳癌が多い)
充実部分は信号に注目する。

・T2WIで著明高信号→漿液性境界悪性腫瘍を考慮。
・T2WIで著明低信号→線維性成分、極めて粘稠な液体貯留

■線維性成分
・莢膜線維腫(Fibrothecoma)
・硬化性間質性腫瘍
・Brenner tumor(不思議な事にしばしば粘液性腫瘍と共存)
・Krukenberg tumor

■極めて粘稠な液体成分
・粘液性嚢胞性腺癌

 



スポンサーリンク



関連記事はこちら