Sponsored Link

造血幹細胞移植(hematopoietic stem cell transplantation;HSCT)後の肺障害

1、移植後1ヶ月以内:移植後から移植片生着まで

  • capillary leak syndrome(CLS)
  • びまん性肺胞出血(diffuse alveolar hemorrhage:DAH)
  • peri-engraftment respiratory distress syndrome(PERDS)
    好中球が減少するため、感染症を伴いやすい。細菌・真菌感染が多い。カリニ肺炎やCMV肺炎といったウイルス肺炎もあり。

Sponsored Link

2、移植後1ヶ月-100日

  • 急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome:ARDS)
  • DAH
  • pulmonary cystlytic thrombi(PCT)
  • 器質化肺炎(organized pneumonia:OP)

3、移植後100日以降

  • 閉塞性細気管支炎(bronchiolitis obliterans:BO)→慢性移植片対宿主病変
  • 好酸球性肺炎(eosinophilic pneumonia:EP)
  • 肺静脈閉塞症
  • 間質性肺炎類似肺線維化病変
症例 20 歳代の男性。骨髄移植約 1 年後に進行性の呼吸困難

bronchiolitis obliterans

2012年放射線科診断専門医試験問題27より引用。

両側肺の過膨張あり。CTでは、気腫性変化があるようにも見える。明らかなモザイクパターンは認めない。閉塞性細気管支炎を疑う所見。

IPSとは

・idiopathic pneumonia syndrome(IPS)はHSCT後非感染性肺障害の総称。特発性間質性肺炎。感染症を除外したもの。同種骨髄移植の12%に認める。

・原因は移植前処置の化学療法およびTBIによる肺障害が推測されている。

・病理所見はDADであり、この点から急性間質性肺炎やARDSとほぼ同じ概念の疾患と考えられる。

・late-onset noninfectious pulmonary complication(LONIPC)と呼ばれることもあるが、こちらは、慢性移植片対宿主病との関わりが深い。

・3つの画像パターンが報告されている。

  1. 器質化肺炎型(COP):胸膜下浸潤影
  2. NSIP/OP型:気管支血管束周囲すりガラス影、浸潤影
  3. 上葉優位型肺線維症類似型(pleuropulmonary fibroelastosis:PPFE):上葉優位胸膜下浸潤影と上葉の容積減少。

参考)
・画像診断2014年1月 がん・感染症センター都立駒込病院 楊川哲代先生ら
・画像診断2005年1月 免疫不全患者の肺合併症の画像診断 山口大学田中伸幸先生ら

Sponsored Link

 

関連記事はこちら