Sponsored Link

2013年放射線科専門医試験問題&解答解説【治療96-100】

問題はこちらから参照して下さい。

96.
食道癌に対する化学放射線療法で誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 心臓の晩期有害事象が問題となる。
b 食道ステント留置後は穿孔リスクが高い。
c I 期症例では手術と同等の治療成績が期待できる。
d 手術補助療法として術後に用いるのが標準である。
e 併用化学療法剤はシスプラチン,5 FU の組み合わせが標準である。
96. d

・d:確立していない。


 

97.
小細胞肺癌の予防的全脳照射として推奨されるのはどれか。1 つ選べ。
a 20Gy/5回/1週
b 25Gy/10回/2週
c 30Gy/10回/2週
d 37.5Gy/15回/3週
e 40Gy/20回/4週
97. b

 

98.
乳癌 cT1cN0M0 で乳房温存術を施行したところ,腋窩リンパ節転移を 4 個認めた。術後照射における臨床標的体積(CTV)として適切なのはどれか。1 つ選べ。
a 乳房のみ
b 乳房,同側腋窩リンパ節
c 乳房,同側胸骨傍リンパ節
d 乳房,同側鎖骨上窩リンパ節
e 乳房,同側鎖骨上窩リンパ節,同側腋窩リンパ節
98. d

2012年の過去問通り。

Sponsored Link

99.
子宮頸癌 IIB 期(FIGO)の放射線治療で適切でないのはどれか。1 つ選べ。
a 腔内照射を併用する。
b 晩期有害事象として膀胱出血がある。
c 広汎子宮全摘術後に術後照射を行う。
d 放射線治療前に導入化学療法を行う。
e 化学放射線療法と手術の治療成績はほぼ同等である。
99. d

・d:同時に行なう。


 

100.
前立腺癌T2N0M0に対する放射線治療として適切でないのはどれか。1 つ選べ。
a 三次元原体照射
b 強度変調放射線治療
c 高線量率組織内照射
d 体幹部定位放射線照射
e 密封小線源永久挿入療法
100.d

2013年のトップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら