Sponsored Link

肺癌の病期分類

T分類

Tis

上皮内癌(carcinoma in situ)

T1

腫瘍の最大径≦3 cm

T1a

腫瘍の最大径≦2 cm

T1b

腫瘍の最大径>2 cm かつ≦3 cmm

T2

腫瘍の最大径≦7 cm
気管分岐部≧2 cm離れている。
臓側胸膜浸潤
部分的無気肺

T2a

腫瘍の最大径>3 cm かつ≦5 cm あるいは腫瘍の最大径<3 cm で臓側胸膜浸潤

T2b

腫瘍の最大径>5 cm かつ≦7 cm

T3

腫瘍の最大径>7 cm
胸壁,横隔膜,心膜,縦隔胸膜への浸潤
気管分岐部から2 cm未満の主気管支に及ぶが分岐部には及ばない。
一側全肺の無気肺,
一側全肺の閉塞性肺炎
同一肺葉内の不連続な腫瘍結節

T4

縦隔,心臓,大血管,気管,反回神経,食道,椎体,気管分岐部への浸潤
同側の異なった肺葉内の副腫瘍結節

・葉間の臓側胸膜を越えて他の葉に進展していても、他の臓器への進展がなければT3には分類しない。

・肋骨の破壊像=胸壁浸潤(T3)を示唆する所見。

・肋骨の破壊がなくても、腫瘍が胸壁内の脂肪層や肋間筋内に連続している場合は胸壁浸潤(T3)を疑う所見。

・大血管とは、大動脈、上大静脈、下大静脈、主肺動脈、心膜内部における左右の肺動脈、心膜内部における左右の上下肺静脈、腕頭動静脈、鎖骨下動静脈、左総頸動脈のこと。

最大径を測定する際の注意点

周囲すりガラス影(腫瘍の進展と考えられる)も含んで測定する。

・腫瘍周囲のspiculaや二次変化である無気肺や閉塞性肺炎は含めずに測定する。

・冠状断や矢状断を利用して真の最大径を測定する。

T1

lungcancerT1

T2

lungcancerT2

T3

lungcancerT3

T4

lungcancerT4

症例 70 歳の男性。血痰を主訴に来院。

lung cancer T42006年放射線科診断専門医試験問題29より引用。

左肺動脈本幹も浸潤によりほぼ閉塞している。T4。対側の縦隔にリンパ節腫大あり、N3。

N分類

N1

同側の気管支周囲かつ/または同側肺門、肺内リンパ節への転移で原発腫瘍の直接浸潤を含める。

N2

同側縦隔かつ/または器官分岐部リンパ節への転移。

N3

対側肺門,対側縦隔,前斜角筋前または鎖骨上窩リンパ節転移

・原発腫瘍が肺門・肺内リンパ節へ直接進展して一塊となった場合は、N1。リンパ節と原発との区別が困難な場合もあるが、その場合は、リンパ節と思われる構造も含めて最大径を測定する。

lungcancerNbunrui

症例 60 歳代の女性。

右肺上葉に径 1.5 cm の腺癌を認めた。CT および FDG-PET を示す。 TNM 分類は?

TNM lung cancer

2008年放射線科診断専門医試験問題70より引用

右上葉に1.5cmの腫瘍があり、同側縦隔リンパ節腫大およびFDGの集積あり。リンパ節転移の疑い。同側縦隔なのでT1N2。

症例 70 歳代の女性。

肺癌の病期診断のため F-18 FDG PETCT を施行した。N分類は?

TNM lung cancer N32008年放射線科診断専門医試験問題74より引用

肺野に腫瘤状の集積あり原発巣と思われる。また同側縦隔及び右鎖骨上窩部(鎖骨上窩リンパ節)へ集積を認めており、N3と診断できる。

症例 65 歳の女性。検診で胸部異常影を指摘され,気管支鏡検査を受け腺癌と診断された。

FDG PET Lung cancer2006年放射線科診断専門医試験問題75より引用。

右中肺野に異常な集積を示す腫瘤あり、原発と考えられる。同側鎖骨上リンパ節転移があるので、N3である。

M分類

M1

対側肺内の副腫瘍結節,胸膜結節,悪性胸水,悪性心嚢水,遠隔転移

M1a

対側肺内の副腫瘍結節,胸膜結節,悪性胸水(同側,対側),悪性心嚢水

M1b

他臓器への遠隔転移

病期分類

潜伏癌

TX

N0

M0

0期

Tis

N0

M0

IA 期

T1a または T1b

N0

M0

IB 期

T2a

N0

M0

IIA 期

T1a または T1b

N1

M0

T2a

N1

M0

T2b

N0

M0

IIB 期

T2b

N1

M0

T3

N0

M0

IIIA 期

T1a または T1b

N2

M0

T2a

N2

M0

T2b

N2

M0

T3

N2

M0

T3

N1

M0

T4

N0

M0

T4

N1

M0

IIIB 期

Any T

N3

M0

T4

N2

M0

IV 期

Any T

Any N

M1a または M1b

参考引用)肺癌取扱い規約【改訂 第7版】抜粋

Sponsored Link

 

関連記事はこちら