Sponsored Link

感染性心内膜炎の頭蓋内病変

・以下の4つからなる。

①脳動脈瘤
②脳塞栓
③脳膿瘍、髄膜炎、脳炎
④出血性合併症

発生機序

・心臓の弁に疣贅が形成される。
→一部が飛散する。
脳血管を塞栓する。
→周囲の血管へ感染が拡大する(血管炎)。

※この際、塞栓栓子は小さいため、末梢の血管領域で閉塞しやすい。感染性脳動脈瘤もこの領域に好発する。

脳動脈瘤が形成される。
(→一部の動脈瘤が破裂する。)

→血管炎が、髄膜を介して波及する。
髄膜炎、脳炎、出血を引き起こす。

①脳動脈瘤

細菌性脳動脈瘤を形成する。

・細菌性脳動脈瘤の2割程度は、感染性心内膜炎が原因。他は、骨髄炎、髄膜炎など。

MCA領域に多い。末梢血管領域分岐部に好発する。

②脳塞栓

・感染性心内膜炎の頭蓋内合併症で最多。1割程度に見られる。

・心臓の弁に形成された疣贅もしくは、血栓が塞栓栓子となる。

・心原性塞栓であるために、多血管領域に多発性に梗塞をきたす。

・特にMCA領域に多い。

・多くは微細な梗塞巣を形成する。ただし、主幹動脈に起こることもある。

③脳膿瘍、髄膜炎、脳炎

・脳膿瘍は比較的まれ。5%程度。

脳膿瘍を見たら、感染性心内膜炎を疑って精査する。

④出血性合併症

・感染性動脈瘤の破裂により発生する。

脳内出血、くも膜下出血>>硬膜下出血に分けられる。

参考)臨床放射線53:761-768、2008 心内膜炎、感染性塞栓症における頭蓋内病変とその臨床意義 亀田総合病院 東麻子先生

Sponsored Link

 

関連記事はこちら