Sponsored Link

心筋シンチ 123I-MIBG=交感神経機能

・123I-MIBG

・Parkinson 病、びまん性 Lewy 小体病(DLB)でH/M比低下。
※PD、PDD、DLBはLewy小体病(Lewy body disease:LBD)として同じスペクトラムの疾患と考えられている。

・心不全で心縦隔比が低下する。
・心不全で洗い出し率が亢進する。
※早期像と後期像(3〜4時間後)を撮像し心/縦隔比(H/M)および洗い出し率で心臓交感神経機能を評価する。糖尿病心不全虚血性心疾患不整脈疾患びまん性レビー小体病(パーキンソン病、レビー小体型認知症)、家族性アミロイドーシス、MSAで早期、後期の低下、洗い出しの亢進が認められる。

・ノルエピネフリンと類似の構造で交感神経終末部にUptake1により集積。

・パーキンソン病で心集積が低下する。○ PDでH/M比の低下を認める。★

心筋血流シンチ

・心筋血流シンチグラフィ:99mTc-MIBI 、99mTc-tetrofosmin、201TlCl
※MIBIは副甲状腺腫にも使われる。

・労作性狭心症 ―― 99mTc-tetrofosmin ○

・心筋脂肪酸代謝 123I-BMIPP

・心筋糖代謝 18F-FDG(PET)

負荷心筋シンチグラフィにおいてアデノシンが使用禁忌となるのは気管支喘息

負荷心筋シンチで虚血を示唆するのは、負荷時 ―集積低下,安静時―集積改善 の組み合わせ。再分布(fill-in)

・負荷時 ―集積低下,安静時―集積低下 は固定性欠損。心筋梗塞である。

・負荷時 ―正常,安静時―集積低下および、負荷時 ―集積低下,安静時―集積はさらに低下は逆再分布(逆 fill-in)で、再灌流後に多く見られる。正常と異常心筋の混在である。

・負荷時 ―集積低下なし,安静時―集積低下なしが正常。

症例 60 歳代の男性。下壁心筋梗塞部 viability 評価のため安静時201TlCl 心筋 SPECT および糖負荷18F-FDG 心筋 PET を施行した。

BMIPP SPECT2008年放射線科診断専門医試験問題68より引用

201-TlClで左心室下壁の血流低下を認めているが、18F-FDG では下壁の集積は201-TlClほどは低下を認めていない。これは、同部位に心筋 viabilityが残存していることを示唆する。ここで心筋脂肪酸代謝を反映する123I-BMIPP SPECTを施行すると、心筋脂肪酸代謝障害は心筋血流障害よりも顕著な所見を呈するため、Tlよりもさらに集積が低下した所見を呈する。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら