Sponsored Link

種類は?

・網内系貪食(kupper細胞):フチン酸 99mTc-phytate

・肝細胞(受容体):アシアロシンチ 99mTc-GSA

・胆道系:99mTc-PMT

肝受容体シンチグラフィ 2012

・受容体シンチ=アシアロシンチ 99mTc-GSA

・肝予備能低下で心プールの描出が持続する。

※肝機能障害
→心臓に停滞して、肝に取り込まれない。
→心での集積↑、肝での集積↓

・定量的指標として HH15 や LHL15 が用いられる。

※HH15=H15/H3 (H3は3分後に心に集積)15分経っても心への集積が多ければ、肝機能障害あって心に停滞していることを意味する。つまり、この値は低い方が正常。<0.61
※LHL15=L15/H15+L15 15分経っても心へ停滞多ければ分母が大きくなり、値は小さくなる。なので値は大きいほうがよい。>0.91

フチン酸シンチ

99mTc-phytate(フチン酸シンチ) を静注する。

・用いる放射性医薬品は肝の Kupffer 細胞に取り込まれる。
網内系貪食(kupper細胞)を画像化する。★

胆道シンチ

・99mTc-PMT

胆囊機能や胆道の通過性を評価する。

・Dubin-Johnson 症候群の診断に用いる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら