Sponsored Link

Lemmel症候群(レンメル)とは?

・1934年にLemmelが報告した。

十二指腸傍乳頭部の憩室に十二指腸内容(バリウムや食物塊)が入り込み、胆管、膵管を圧迫することにより、胆管炎、膵炎の症状を引き起こす病態をLemmel症候群という。

・Mirizzi症候群とともに特殊な胆管炎に分類される。

・傍乳頭部憩室症候群とも呼ばれる。

・憩室の部位は乳頭部の口側付近に限局しているもの〜十二指腸内側のほぼ全域に含むものまで報告者により異なる。

・結石のあるものは除外される(Lemmel症候群に含めない)ことが多い。結石や腫瘍などの閉塞機転を除外した上で、除外診断により診断されることが多い。

・十二指腸憩室は高頻度に認められるが、Lemmel症候群を引き起こす頻度は少ない。そのため、憩室があるからと言って安易にLemmel症候群と診断しないことが大切。

・画像診断はCT、MRIが基本。結石の有無については、MRI(MRCP)の方が強い。

・治療は、抗生物質投与などで症状が軽減することが多い。手術が必要となることもある。

関連記事)Mirizzi症候群とは?症状は?画像診断の特徴は?

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら