Sponsored Link

子宮筋腫の変性

富細胞平滑筋腫(cellular leiomyoma)

・細胞密度が高いが、悪性の根拠となる核分裂はほとんど見られない。

脂肪平滑筋腫(lipoleiomyoma)

・閉経後に進行、増大。組織学的に脂肪組織の量は様々で、極端に多い症例では平滑筋組織が全く見られなくなり、単に脂肪腫lipomaと呼ばれる。

水腫様平滑筋腫

・浮腫を来した筋腫。変性の初期段階。変性が進むと嚢胞化する。

粘液様平滑筋腫瘍(myxoid leiomyoma)

・粘液変性が目立つ平滑筋腫で、ゼラチン様構造を認め、大小の嚢胞形成も見られる。粘液部分以外は造影効果を認める。

循環障害によるもの
  • 動脈梗塞→子宮動脈塞栓術後の筋腫の虚血
  • 静脈梗塞→赤色変性
  • 子宮筋腫嚢胞変性(循環障害により浮腫、次いで出血、その後嚢胞変性が生じる。)

Sponsored Link

画像パターンより分類した変性を来した子宮筋腫

  • T2強調像で高信号→浮腫、嚢胞変性、類粘液様変性、富細胞性筋腫
  • T1強調像で高信号→出血(赤色変性、富細胞性筋腫の点状出血など)、脂肪変性・化生
  • DWIで高信号→富細胞性筋腫など
  • 造影効果→赤色変性をきたすと造影効果(-)

関連記事)子宮筋腫赤色変性とは?画像診断のポイントは?(CT,MRI所見)

T2WIで高信号を呈する筋腫の鑑別

T1強調像 造影T1強調像
浮腫 等信号 中〜高度
粘液性変性 低〜等信号 なし〜軽度
嚢胞変性 低〜等信号 なし
赤色変性 辺縁高信号 なし
富細胞性筋腫(cellular leiomyoma) 等信号 高度
脂肪平滑筋腫(lipoleiomyoma) 高信号 脂肪以外に中等度

 

症例 40歳代女性 漿膜下子宮筋腫の粘液様変性(myxoid degeneration)

myxoid degeneration

T2WIにて高信号の内部に不均一な低信号あり。低信号部位は造影効果を認めるが、高信号部位には造影効果は認めない。粘液様変性を疑う所見である。

症例 40 歳代の女性。婦人科検診で子宮に異常を指摘され MRI で精査。

lipoleiomyoma

2007年放射線科診断専門医試験問題57より引用。

子宮体部筋層内に腫瘤を認め、腫瘤内部はT1WI(in phase)、T2WIにて全体に高信号。out of phaseにて全体に信号が低下している。これらの所見から、脂肪組織を含む子宮腫瘤lipoleiomyomaが疑われる。

関連記事)子宮筋腫のMRI画像診断のポイントは?症状、変性、種類は?

Sponsored Link

 

関連記事はこちら