Sponsored Link

2013年放射線科専門医問題&解答解説【診断61-65】

問題はこちらから参照して下さい。

61.
左精巣癌 pT1 の経過観察 CT で,最も注意して観察すべきリンパ節が含まれる断面はどのレベルか。
1 つ選べ。
a 鎖骨上窩
b 肺門部
c 腎門部
d 骨盤入口部
e 鼠径部
61. c
・Ⅰ期精巣腫瘍では、高位精巣摘除術後に、傍大動脈領域に放射線治療を行なう。左精巣腫瘍では、精巣静脈に左腎静脈が流入するため、左腎門部が十分含まれるようにする。


62.
肝限局性結節性過形成の画像所見として正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 被膜を認めることが多い。
b ダイナミック CT の動脈相で強く濃染する。
c 腫瘤内に脂肪成分を認めることが多い。
d 中心瘢痕は MRI の T2 強調像で低信号を示す。
e 車輻状血管像(spoke-wheel appearance)が特徴的である。
62. b.e
・被膜を認めるのはHCCなど。FNHは過形成。
・ダイナミックにて動脈相で強く造影され、抜けないのが特徴。
・脂肪を認めるのは、HCCやAMLなど。
・中心瘢痕はT2WIで高信号になる。
FNHの画像所見

・画像上境界明瞭な腫瘤、通常被膜を持たない

・単純CT:低~等吸収

・MRI:T1、T2強調像ともに均一で肝と同程度の信号強度

・CT 、 MRI ともに早期相より均一な強い造影効果

・腫瘤内にクッパー細胞が存在(15.4%で減少or欠損)

T2WI with superpara magnetic iron oxide(SPIO)造影で低信号
Gd-EOB-DTPA 造影で取り込まれ高信号となることが多い
99mTc コロイドシンチグラフィにて集積あり(約60%)

・中心性瘢痕:CTで<3cmの35%、>3cmの65%、MRIで78%にみられる

遅延相にて造影効果(+)、MRI T2WIで高信号

・血管造影:栄養動脈が中心瘢痕から入り、分岐しながら放射状に末梢に分布(spoke-like appearance)、その後肝静脈へ還流

参考記事)FNHの画像診断


 

63.
MRI の経口造影剤として使用されるのはどれか。2 つ選べ。
a ガドテリドール
b フェルカルボトラン
c 塩化マンガン四水和物
d ガドキセト酸ナトリウム
e クエン酸鉄アンモニウム
63. c,e

・フェルカルボトランはSPIOの一般名。

・ガドキセト酸ナトリウムはEOBの一般名。

・塩化マンガン四水和物(ボースデル®):MRI用経口消化管造影剤→MRCPで用いられる。T1WI、T2WIのコントラストが増強される。

・クエン酸鉄アンモニウム(フェリセルツ®):消化管(胃、十二指腸、空腸)造影 ・胆道膵管撮影時の消化管陰性造影に用いられる。MRCPで用いられる。T1WI、T2WIのコントラストが増強される。

 

Sponsored Link

64.
MRI において脂肪抑制法として用いられるのはどれか。2 つ選べ。
a EPI 法
b GRE 法
c STIR 法
d FLAIR 法
e CHESS 法
64. c.e

・EPI法はDWI。

・脂肪抑制は、STIR、CHESS法。

・GRE法はGradient echo法。


 

65.
右大腿動脈からのイントロデューサ挿入を試みるとき,傷つける可能性が低いのはどれか。1 つ選べ。
a 腰動脈
b 浅腹壁動脈
c 正中仙骨動脈
d 右深大腿動脈
e 右内腸骨動脈
65. c
・腹部大動脈から下方に分岐。過去問にあり。

2013年のトップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら