2013年放射線科専門医問題&解答解説【診断46-50】

問題はこちらから参照して下さい。

46.マンモグラムにおける腫瘤のカテゴリー分類について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 粗大石灰化を有する腫瘤はカテゴリー 2 である。
b 脂肪を含む腫瘤はカテゴリー 3 である。
c 境界明瞭平滑な腫瘤はカテゴリー 3 である。
d スピキュラを伴う腫瘤はカテゴリー 4 である。
e 境界不明瞭な腫瘤はカテゴリー 5 である。
46. a,c

b. 脂肪を含む腫瘤はカテゴリー2。

d.スピキュラを伴う腫瘤はカテゴリー5。

e.境界不明瞭な腫瘤はカテゴリー4。

と思われます。


 

47.マンモグラムの所見で悪性が疑われるのはどれか。2 つ選べ。
a 構築の乱れ
b 石灰乳石灰化
c 中心透亮性石灰化
d 不均一高濃度乳腺
e 微細線状分枝状石灰化
47. a,e

 

48.新生児期の胸部疾患で外科手術の適応となるのはどれか。2 つ選べ。
a 気管食道瘻
b 気管支肺異形成
c 胎便吸引症候群
d 呼吸促迫症候群
e 先天性横隔膜ヘルニア
48. a,e

スポンサーリンク

49.小児疾患と画像所見の組み合わせで正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 腸重積―――――――― target sign
b 虫垂炎―――――――― whirlpool sign
c 先天性巨大結腸症――――― corkscrew sign
d 肥厚性幽門狭窄症――――― 幽門管短縮
e 気管食道痩 Gross A 型 ――― 胃泡拡大
49. a

 

50.肝芽腫について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 新生児期に多い。
b 肺転移は稀である。
c 腫瘍内の出血や壊死が多い。
d 小児悪性腫瘍で最も頻度が高い。
e 全体の 50% で血清 AFP の上昇を認める。
50. c

a. × 2歳以下。(ピークは1歳代)

b. ×

c. ○ 上皮性成分の多い場合には内部は不均一だが、間葉成分が多い場合には出血、壊死、石灰化のため内部は複雑になる。

d. × 白血病>脳腫瘍>悪性リンパ腫>神経芽腫>胚細胞腫瘍>軟部腫瘍>骨腫瘍>網膜芽腫>腎芽腫>上皮性腫瘍>肝芽腫>その他

e. 90%以上でAFPの増加を認める。

2013年のトップに戻る



スポンサーリンク



関連記事はこちら