2013年放射線科専門医問題&解答解説【診断36-40】

問題はこちらから参照して下さい。

36.
肺結核の所見として,再感染よりも初感染で頻度が高いのどれか。1 つ選べ。
a 空洞
b 斑状影
c 結核腫
d リンパ節腫大
e tree in bud appearance
36 . d

・一次結核では、中下肺野に浸潤影が見られたり、リンパ節腫大、胸水を認める。肺病変もリンパ節腫大ともに右肺に多い。

参考記事)一次結核の画像診断


 

37.
特発性肺線維症の CT 所見として特徴的なのはどれか。2 つ選べ。
a 蜂巣肺
b 小葉中心性粒状影
c 牽引性気管支拡張
d 気管支血管周囲に優位な分布
e 下葉の広範なすりガラス状陰影
37.  a,c
UIP pattern
  • 胸膜直下・肺底部優位。
  • 網状影。
  • 蜂巣肺、時に牽引性気管支拡張像を伴う。
  • Inconsistent with UIP patternに挙げられている所見がない。

参考記事)通常型間質性肺炎(UIP/IPF)のCT画像診断


 

38.
マイコプラズマ肺炎の CT 所見として頻度が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 空洞
b 小葉間隔壁の肥厚
c 小葉中心性粒状影
d 中葉,舌区優位の分布
e crazy-paving appearance
38. c

・小葉中心性結節影(しばしばtree-in-bud appearance)・(中枢まで目立つ)気管支肺動脈束の肥厚・(気管支肺炎様の)小葉大のすりガラス・均等影・浸潤影。

参考記事)マイコプラズマ肺炎の画像診断

スポンサーリンク

39.
胸膜中皮腫について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a 縦隔側胸膜の肥厚は認めない。
b 低濃度の石綿暴露では生じない。
c 肉腫型は上皮型より予後不良である。
d 石綿暴露から 10 年程度の発症が多い。
e 胸水のみが所見であることはまれである。
39 . c

・縦隔側の胸膜肥厚が特徴的。

・20〜40年の潜伏期を経て発症。

・低濃度曝露でも発症する。

・胸水の合併が9割と多い。

参考記事)胸膜中皮腫の画像診断


 

40.
肺腫瘤の CT 所見として正しいのはどれか。2 つ選べ。
a カルチノイドは空洞を生じることが多い。
b 粘液腺癌は気管支散布性転移を生じる。
c 造影効果の乏しい肺野結節は悪性の可能性が高い。
d 肺末梢型小細胞癌では血管収束像が見られることが多い。
e 高分化型肺腺癌は辺縁にすりガラス影を有することが多い。
40. b.e

カルチノイドは石灰化はあるが空洞は多くはない。

粘液腺癌は気管支散布性転移を生じて、肺炎様の画像所見を呈する。以前BACとも言われていた。

・末梢型の肺腺癌が血管収束像が見られることが多い。

・高分化肺腺癌は辺縁にスリガラス影を認めることが多く、そのためPETで偽陰性になりやすい。


2013年のトップに戻る



スポンサーリンク



関連記事はこちら