2013年放射線科専門医問題&解答解説【診断21-25】

問題はこちらから参照して下さい。

21.
単純 X 線写真で児童虐待と関連が低いのはどれか。1 つ選べ。
a 肋骨骨折
b 新旧骨折の混在
c 脛骨骨幹斜状骨折
d 大腿骨遠位骨幹端角の骨折
e 過剰な仮骨を伴う上腕骨骨幹骨折
21. c

・肋骨も背側ならば虐待に特異的。

・脛骨骨幹斜状骨折は、よちよち歩きの幼児に生じるよちよち歩き骨折(Toddler‘s fracture)は脛骨遠位部に生じるらせん骨折のことか。脛骨骨幹斜状骨折をGoogleで調べても完全に一致するものは出てこない。
※よちよち歩き骨折は2009年に出題あり。

参考)被虐待児症候群(battered child syndrome)


 

22.
頭部拡散強調像で高信号を示すのはどれか。2 つ選べ。
a 類上皮腫
b 神経鞘腫
c くも膜囊胞
d 悪性リンパ腫
e 毛様細胞性星細胞腫
22. a,d

 

23.
後頭葉病変として稀なのはどれか。1 つ選べ。
a 血管腫
b 膠芽腫
c 脳梗塞
d PRES(posterior reversible encephalopathy syndrome)
e MELAS(mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, stroke-like episodes)
23. b

・MELAS:後頭・頭頂葉の梗塞様病変が見られる。基底核の石灰化が20%にあり。

・PRESも当然後ろに来る。

・脳梗塞も後頭葉に起こる。

とすると??

drark様よりコメントいただきました。

23.後頭葉病変として稀なのは?
b.膠芽腫の好発部位は前頭葉、側頭葉、頭頂葉の順であり、選択肢の中では相対的に稀ということになるのではないでしょうか?たぶんですが。

c-eは×なので、膠芽腫として後頭葉は稀とのことで、答えはbだと思われます。血管腫はどこに来てもいいですしね。

スポンサーリンク

24.
T1 強調像で被殻が高信号を呈するのはどれか。1 つ選べ。
a Wilson 病
b 肝性脳症
c トルエン中毒
d 多系統萎縮症
e 神経 Beçhet 病
24. b
淡蒼球を中心とした基底核にT1強調像で高信号を呈する鑑別疾患

肝性脳症 、門脈系-体循環系短路
・カルシウム・リン代謝異常
・慢性後天性肝脳変性症
・ビタミン欠乏などの栄養障害
・CO中毒
・HIV脳症
・低血糖脳症
・低酸素脳症
・長期中心静脈栄養(IVH)に関連した変化 高カロリー輸液
・糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症(被殻中心、時に尾状核) など


 

25.
児童虐待の頭部画像所見として関連が低いのはどれか。1 つ選べ。
a 脳挫傷
b 静脈洞血栓
c 頭蓋骨骨折
d 慢性硬膜下血腫
e 急性硬膜下血腫
25. b

2013年のトップに戻る



スポンサーリンク



関連記事はこちら