DNT:Dysembryoplastic Neuroepithelial Tumor

・WHO分類 grade Iの良性。原発性脳腫瘍の1%未満。

大脳皮質に局在する良性腫瘍。時に皮質下白質。

・神経細胞とグリアが多結節性に増殖、cortical dysplasiaを伴う。

側頭葉に好発(6割)>前頭葉(3割)

・皮質の細胞構築の異形成的な性格。皮質形成異常をしばしば伴う(8割)。

・多くは小児期、若年期にてんかん発作で発症。ほとんどが難治性けいれん。

・全摘により予後良好。

スポンサーリンク

DNTの画像所見

・皮質内または皮質下に存在。

T2強調像で強い高信号、境界は明瞭。周囲浮腫なし。

・多房性の嚢胞状で、中隔を有することが多い。

・嚢胞状の成分が、T1強調像で低信号を呈するが、厳密には豊富な粘液基質を反映しており、偽嚢胞(pseudocyst)と呼ばれる。

・この偽嚢胞(pseudocyst)はしばしば頭蓋骨を圧迫して、高頻度にremodelingを起こす。

皮質を底辺とする三角形の形

・造影効果はないことが多いが、1/3でリング状、斑状、結節状の造影効果あり。

石灰化は20-36%

・近接した骨を圧排変形し菲薄化を伴う



スポンサーリンク



関連記事はこちら