Sponsored Link

アルコール関連脳病変のまとめ

・エタノールの一次性(直接性)障害:神経毒性(大脳皮質/小脳変性、末梢神経障害)

・まれな二次性可逆性合併症:Wernicke脳症

・その他、多くの間接的影響(外傷,低栄養など)

アルコール関連脳病変

・エタノール:小脳虫部上部に強い萎縮、びまん性萎縮
・メタノール:両側被殻の出血性壊死
・Wernicke脳症:乳頭体の高信号、±造影効果

慢性エタノール中毒

・側脳室の対称性拡大

・脳溝開大、大脳縦裂/Sylvius裂の開大

・摂取量に依存する。

・白質病変(T2強調像,FLAIRで高信号):両側側脳室周囲、脳梁:孤立性/融合性、Marchiafava-Bignami病:脳梁中部の壊死はほぼ特異的。

メタノール中毒

・メタノール→ホルムアルデヒド→ギ酸→炭酸ガス、水と分解される。ギ酸がanion gap アシドーシスを惹起。

・被殻、視神経に選択的毒性。

・メタノールを含む製品:不凍液、ペンキ除去剤、コピー液

両側被殻の出血性壊死。

・白質病変:出血性皮質下壊死、しばしば視神経も障害。

Wernicke脳症

・T1強調像:乳頭体の造影効果

・T2強調像:第3脳室周囲、視床内側、中脳水道周囲灰白質の高信号。

参考)画像診断ポケットガイド 脳Top100診断

Sponsored Link

 

関連記事はこちら