Sponsored Link

クリプトコッカスの脳病変

・鳥類(主にハト)の糞から経気道性に感染→肺感染→血行性に頭蓋内へ移行。よって、感染臓器は主に肺と中枢神経系

・中枢神経では、まず髄膜に感染→髄膜内小血管の壁を浸潤→くも膜下腔→穿通枝の血管周囲から脳内へ進展

髄膜炎が主体だが、半数では脳病変を生じる。

脳実質、髄膜に大小の肉芽腫性病変を形成する。

・症状は、頭痛、発熱、倦怠感など非特異的なことが多い。

・AIDS指標疾患の1つであるが、健常者にも認められる。

・30-50%の患者が、白血病、悪性リンパ腫、糖尿病、AIDSなどの基礎疾患あり。

・AIDS患者の中枢神経系感染症としてはHIV脳症、トキソプラズマ脳症に次いで多い。

・CD4陽性リンパ球<100μLで発症する。

・真菌感染では最も頻度が高い。

・脊髄病変はまれ。

[illust_bubble subhead=”クリプトコッカスの脳病変は” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]
大きく以下の3つに分けられます。

①髄膜炎
②肉芽腫病変(Cryptococcoma)
③ゼラチン性偽嚢胞(cryptococcal gelatinous pseudocyst)

おおまかに、髄膜→血管周囲から脳内へ進展する。
なので、髄膜病変、血管病変、脳内病変を形成する。

それぞれ、
・髄膜病変:髄膜炎、肉芽腫形成
・血管病変:血管炎→脳梗塞
・脳内病変:ゼラチン性偽嚢胞・肉芽腫
と考えましょう。[/illust_bubble]

肉芽腫病変(Cryptococcoma)

・肉芽腫は脳実質や軟膜、脈絡叢にみられる。

T1強調像で低信号、T2強調像で高信号を示す。菌体からの代謝物である鉄イオン、マンガンによりT2強調像で低信号を呈する場合がある。

・造影では結節状あるいはリング状の増強効果がみられる。

・ゼラチン様偽嚢胞と異なり、周囲に浮腫がみられる。

ゼラチン性偽嚢胞(cryptococcal gelatinous pseudocyst)

クリプトコッカスの集合とゼラチン様被膜でできた構造で、造影されない嚢胞性病変

基底核、中脳に両側性に嚢胞が形成される。

血管周囲腔拡大に似た所見となるが、FLAIR像で高信号となる点で鑑別できる。(髄液よりも高信号となる。)

多くは両側性、形態は類円形で、時に癒合してsoap bubble appearanceと称されることもある。

・T2WI高信号、T1WIは粘稠度によって低信号〜中間信号増強効果、浮腫、占拠効果はない。ただし免疫正常例ではリング状に染まることあり。

粘液様物質を反映し、拡散強調画像で高信号を呈し、ADC値は低下する。

クリプトコッカスの鑑別診断

[deco_bg image=”marker-b” width=””]1、髄膜炎+結節 →癌性髄膜炎
2、肉芽腫性病変 →結核性髄膜炎など

3、血管周囲腔進展 →サルコイドーシス
[/deco_bg]

参考)臨床画像2012年4月増刊 中枢神経系の感染症 国立国際医療研究センター 鎌野宏礼先生ら

Sponsored Link

 

関連記事はこちら