Sponsored Link

膵癌の病期診断

外科手術適応禁忌をまず確認。

他臓器転移(肝、腹膜、肺、骨、その他)
傍大動脈リンパ節転移
 SMA,CA,CHA,SPA根部周囲浸潤
 PV,SMV,SPVの全周性狭窄

がないかをまず確認する。あれば、オペは禁忌。

膵癌の局所浸潤について

局所浸潤度因子(膵癌取り扱い規約)
 ・膵内胆管浸潤(CH)
 ・十二指腸浸潤(DU)
 ・膵前方組織浸潤(S)
 ・膵後方組織浸潤(RP)
 ・門脈系浸潤(PV)
 ・動脈系浸潤(A)
 ・膵外神経叢浸潤(PL)
 ・多臓器浸潤(OO)
8つの局所浸潤因子について評価する。

[illust_bubble subhead=”8つもあるんですか。” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]1つ1つチェックするのは大変ですね。[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”そうですね。” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]

しかし、実際の臨床で最も重要なのは切除可能か否かと術式選択に関する因子がわかればよいのです。

ですので、極論ではありますが、
動脈系浸潤(CA、CHA、SMA)、
門脈系浸潤(PV、SMV)
の有無を正確に診断
すればよいということになります。

[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”それなら少し気が楽になりました。” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]でも、血管浸潤ってどうやって評価するのですか?腫瘍が接していたら血管浸潤ですか?[/illust_bubble]

血管への局所浸潤(PV,A)

血管の高度狭窄や閉塞あれば浸潤ありとの診断可能。

・明らかな狭窄がない場合は、

 門脈系→「癌と血管の接触範囲が半周以上」(感度84%、特異度98%)
 動脈系→「動脈が癌腫瘤に埋没しているか、半周以上接していて、かつ動脈壁に肥厚や不整が見られる」

場合に、血管浸潤ありと診断する。

※半周以上だけでは動脈系で随伴する非腫瘍性の線維化で偽陽性となるため。
動脈根部周囲には神経叢があり、これらへの浸潤は同時に神経浸潤を意味する。厳密には動脈浸潤と神経浸潤は別である。

症例 80歳代男性 膵頭部癌(浸潤ありはとは言えない症例)

pkhead1

症例 50歳代男性 膵頭部癌(GDAへの浸潤あり。CAはなし)

panceratic headcancer

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]膵頭部にhypovascularな腫瘍性病変あり。
胃壁〜十二指腸への進展あり。
GDAは狭細化を認めており、全周性のencasementあり。
膵体部〜尾部にかけて主膵管の拡張あり。[/colored_bg]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら