頸部リンパ節のレベルシステムとは

  • Somらによって紹介されたシステムで、画像を基にした頸部リンパ節の分類。
  • 再現性に優れているため、実用性が高い。
  • ただし、頸部リンパ節領域にのみ系統的に扱ったものであるため、このシステムには含まれないが、実は重要なリンパ節(咽頭後リンパ節など)もあるので注意。

レベルシステムの使い方

levelsystemAJR 174:837-844,2000より引用。

おおまかに

の高さと言える。

今どの解剖学的構造が見えるのかで、分類しましょう。

※下の画像はいずれも頸部MRI正常解剖ツールを用いて作成。

中咽頭レベル

  • 上の図を見て分かるように、レベルⅠおよびⅡのレベルである。
  • 顎二腹筋前腹内側縁、顎下腺後縁、胸鎖乳突筋後縁、僧帽筋前縁が基準となる。

cervical level system level2

  • レベルⅠBは顎下リンパ節に相当。
  • レベルⅡはAとBに分かれ、Aは上内深頸リンパ節に相当。
  • レベルⅡAは内頸静脈の前方、内側、外側にあるか、内頸静脈に接して後方にあるリンパ節。
  • レベルⅡBは内頸静脈との間に脂肪層を挟んで後方にあるリンパ節。
  • レベルVAは上部レベルの服神経リンパ節に相当。
症例 60歳代女性 右頸部リンパ節腫脹(生検にてDLBCLと診断)

造影CT

level-system-level2-cervical-lymph-node

レベルⅡリンパ節の腫大を認めています。

症例 80歳代女性 甲状腺癌術後

造影CT

レベルⅡAリンパ節(上内深頸リンパ節)の腫大を認めています。

甲状軟骨レベル

  • レベルⅢ〜Ⅳ(+Ⅴ)のレベル。
  • 内・総頸動脈内側縁、胸鎖乳突筋後縁、僧帽筋前縁が基準となる。

cervical level system level3

  • レベルⅢとは舌骨体部下縁と輪状軟骨下縁との間で、胸鎖乳突筋後縁より前方、総・内頸動脈内側縁より外側に位置するリンパ節。中内深頸リンパ節に相当。
症例 60歳代女性 右頸部リンパ節腫脹 上と同一症例

造影CT

level-system-level3-cervical-lymph-node

レベルⅢリンパ節の腫大を認めています。

甲状腺レベル

  • レベルⅣのレベル。
  • 総頸動脈内側縁、胸鎖乳突筋後縁と前斜角筋後外側縁を結ぶ線、僧帽筋前縁が基準となる。

cervical level system level4

  • レベルⅣとは、輪状軟骨下縁と鎖骨との間で、胸鎖乳突筋後縁と前斜角筋後外側縁を結ぶ線より前内側、総頸動脈内側縁より外側に位置するリンパ節。下内深頸リンパ節に相当。
症例 60歳代女性 右頸部リンパ節腫脹 上と同一症例

造影CT

level-system-level4-cervical-lymph-node

レベルⅣリンパ節の腫大を認めています。

レベルシステムに含まれない頸部リンパ節

  • 鎖骨上窩リンパ節
  • 咽頭後リンパ節
  • 後頭リンパ節
  • 乳突部リンパ節
  • 耳下腺リンパ節
  • 顔面リンパ節
  • 舌あるいは舌下リンパ節

咽頭後リンパ節

  • 外側と内側に分けられる。
  • 外側咽頭後リンパ節咽頭後間隙内で内頸動脈と頸長筋の間、前方に位置する。上咽頭癌のリンパ節転移で重要。
  • 内側咽頭後リンパ節:咽頭後間隙内で頸長筋の前面で、咽頭後壁背側ほぼ正中に位置する。健常成人ではほとんど見られない。小児でも少ない。

Retropharyngeal lymph node

耳下腺リンパ節

  • 耳下腺部に位置するリンパ節すべてを総称。
  • 解剖学的位置関係より3つに分類される。
  1. 筋膜上または表層性耳下腺リンパ節
  2. 筋膜下腺外リンパ節(前あるいは耳介前筋膜下リンパ節、下あるいは耳介下耳下腺下リンパ節)
  3. 深耳下腺内リンパ節

顔面リンパ節

  • 顔面動静脈とその枝の走行に沿って皮下組織内のsuperficial musculoaponeurotic system(SMAS)深部に存在するリンパ節でしばしば欠損する。
  • 下顎リンパ節、頬リンパ節、眼窩下リンパ節、頬骨リンパ節、頬骨後リンパ節に分けられる。

舌あるいは舌下リンパ節

  • 舌のリンパ管に沿って存在するリンパ節。舌と口腔底との境界付近に存在する。
  • 外側舌リンパ節、内側舌リンパ節の2つに分けられる。

参考、一部引用)
頭頸部画像診断に必要不可欠な臨床、画像解剖 頸部リンパ節 角美佐先生



スポンサーリンク



関連記事はこちら