Sponsored Link

聴神経腫瘍

・acoustic neurinoma/vestibular schwannoma。

・原発性脳腫瘍の約8%を占め、小脳橋角部腫瘍の75%は聴神経腫瘍。参考)小脳橋角部における腫瘍の頻度

・好発年齢は30〜60歳でやや女性に多い。

Schwann細胞から発生する良性腫瘍で、脳神経では85〜90%が第Ⅷ神経(聴神経)から発生する。厳密には前庭神経から発生するので前庭神経鞘腫が正しい。

・神経鞘腫の頻度は、聴神経(前庭神経)>三叉神経>顔面神経>舌咽・迷走・副神経…。

・多くは第Ⅷ神経の前庭神経から生じるにもかかわらず、初発は耳鳴や聴力低下などの鍋牛神経の症状で始まることが多い。

acoustic neurinoma

・組織学的には、細長い突起を持つ紡錘形の細胞が密集して平行に並び、柵状配列(palisade)を作る部分を“Antoni A type”と呼び、柵状配列を示さない星状の部分“Antoni B type”も観察される。

・嚢胞変性や、周囲くも膜の癒着によるくも膜嚢胞の合併もある。

・ほとんどは内耳道口に発生し、内耳道を拡大しつつ小脳橋角部に進展する形をとる(コンマ型、アイスクリームを入れたコーン(ice cream on cone)などと表現される)。

・小脳橋角部から内耳道へ入り込んでいるように見えるが、内耳道から発生して、小脳橋角部に出ているという点に注意。

・神経線維腫症2型(neurofibromatosis type 2)では両側に発生する。

・増大速度は遅く、小さな腫瘍では経過観察を行い、増大傾向あれば放射線治療(ガンマナイフ)や腫瘍摘出術が考慮される。

聴神経腫瘍の画像所見

・MRIではT1強調像にて軽度低〜等信号T2強調像にて軽度から著明な高信号を示す。

・ただし小さな腫瘍は内耳道内で均一なT2WI等信号を呈する。

造影にて不均一に増強される。

・錐体骨の骨髄による脂肪高信号には注意を要するため、適宜、脂肪抑制をかけるとよい。

内耳道の拡大の有無についてはCTの方が有用。

・15%程度に嚢胞成分を有し、まれに出血性変化を伴い、液面形成する。

・石灰化は非常に稀。

・聴神経腫瘍の5%ほどに内耳道に限局したintracanalicular typeや内耳道の拡大しないmedial typeもある。

症例 70歳代女性

acoustic neurinoma

症例 60歳代女性

acoustic neurinoma1

症例 50歳代男性

acoustic neurinoma

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]左小脳橋角部に嚢胞変化および造影効果を有する腫瘍性病変あり。手術の結果、聴神経腫瘍。[/colored_bg]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら