Sponsored Link

分枝粥腫型梗塞(BAD)とは、脳梗塞の中でも特殊な梗塞とされます。分枝粥腫型梗塞(BAD)についてまとめました。

分枝粥腫型梗塞(BAD)とは?

ちょっと変わったラクナ梗塞を見つけました。これです。

指導医
これは、ラクナ梗塞ではなくて、分枝粥腫型梗塞と呼ばれるものです?

ぶんしじゅくしゅ?なんですかそれ?

指導医
ラクナ梗塞と同様に穿通枝の梗塞なんですが、この梗塞は、穿通枝が根元から詰まった病態です。
ですので、その穿通枝の走行に沿って、複数のスライスに渡って、縦方向に梗塞が伸びるのが特徴です。当然ラクナ梗塞より重篤で、治療もアテローム血栓症に基づきます。ラクナ梗塞よりも治療抵抗性です。

ですので画像でラクナ梗塞と区別する必要があります。
bad

分枝粥腫型梗塞(BAD)

  • Branch-atheromatous disease:BADのこと。
  • 内包梗塞の1つ。
・何スライスにも及ぶラクナ梗塞(?)を見たら?
穿通枝全体の梗塞(主幹動脈~穿通動脈分岐部のアテローム血栓性機序(ラクナ梗塞ではない!)により穿通動脈閉塞による)

 

  • 穿通動脈支配域に一致した梗塞 なので、血管の走行に一致し長い梗塞が特徴。高血圧性のラクナ梗塞よりも大きい
  • 外側線条体動脈、椎骨脳底動脈から脳幹(橋など)への穿通動脈が多い。
  • 治療はアテローム血栓症に基づく。

BADの画像診断は?

  • ラクナ梗塞よりサイズが少し大きい。
  • かつ穿通動脈(穿通枝)の起始部が詰まるので穿通枝の走行に沿ってすべて梗塞となり、上下に細長く梗塞が広がる。(1スライスだけではなく、何スライスかに及ぶ)
  • MRAで虚血と関係ある主幹動脈の狭窄(50%以下)、壁不整が見られる。
動画で学ぶBAD(左外側線条体動脈領域)

▶キー画像bad2 bad3bad4

なんでも穿通枝にあるものをラクナ梗塞と診断するのではなく、分枝粥腫型梗塞を鑑別に考えつつ、何スライスにも及ぶ梗塞像を認めた場合は、親動脈の評価をしましょう。

BADを診断する上で知っておくべき動脈の支配領域

  • 外側線条体動脈(LSA)
  • 前脈絡動脈(AChA)
  • 椎骨脳底動脈から脳幹(橋など)

外側線条体動脈lateral striate arteries (LSA)

  • MCAのM1から分岐し、被殻、淡蒼球を支配。

前脈絡動脈anterior choroidal artery(AChA)

  • ICA(C2)のp-comのすぐ遠位より分枝し、内包後脚などを栄養。

LSAとAChAの血管支配域をチェックしよう!

bad1

参考)脳血管支配域と脳MRI画像の関係

脳底動脈からの穿通枝である傍正中動脈(paramedian artery)

bad5

動画で学ぶ分枝粥腫型梗塞(傍正中動脈領域)

▶キー画像

badd

参考)脳幹部の支配血管(血流支配領域)

症例 60歳代女性 橋梗塞(分枝粥腫型梗塞)

bad

脳底動脈からの穿通枝である傍正中動脈(paramedian artery)領域の分枝粥腫型梗塞。MRAにて壁在プラークあり。

STRIATOCAPSULAR INFARCTION(SCI)=CAPSULAR INFARCTION:内包梗塞

  • ラクナ梗塞より大きく最大径が2cmを超える梗塞
  • 病変は内包や被殻、尾状核頭部に及ぶ。
  • ほかの部位に病変なく、外側線条体動脈域が主な病巣となる。

SCIの原因:

  • 塞栓性
  • ICAやMCA起始部の閉塞性疾患による血行力学性
  • MCA水平部(M1)の病変による外側線条体動脈の狭窄または閉塞(⊃branch atheromatous disease(BAD))
  • 明らかな異常が認められない場合
  • 分枝粥腫型梗塞(BAD)は内包梗塞の原因の1つ

参考)ここまでわかる頭部救急のCT・MRI 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら