Sponsored Link

脊髄髄内腫瘍

  1. 上衣腫Ependymoma
  2. 星細胞腫 Astrocytoma がほとんど。
  3. 血管芽細胞腫 hemangioblastoma (von Hippel-Lindau病合併が多い)が次。

その他鑑別に挙げるもの

  • 海綿状血管腫
  • 上衣下腫 Subependymoma
  • 神経節膠腫 Ganglioglioma
  • 転移性腫瘍 metastasis
  • 髄内悪性リンパ腫 Malignant lymphoma
  • 脂肪腫 lipoma
  • 胚芽腫 Germ cell tumor
  • 髄内神経鞘腫
  • 孤立性線維性腫瘍
  • 非定型奇形腫様/ラブドイド腫瘍 Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor(AT/RT)
  • 脊髄円錐の過誤腫様変化

T2で低信号のヘモジデリン(出血)を認める髄内腫瘍

各論①上衣腫 Ependymoma

  • 出血を来しやすい。腫瘍の上下端にT2で低信号のヘモジデリンを見つける。hemosiderin cap
  • 腫瘍内外に嚢胞が高頻度に見られる。
  • 嚢胞、腫瘍内に出血(嚢胞内に出血→液面形成

参考記事)上衣腫の画像診断

各論②星細胞腫 Astrocytoma

  • 脊髄の腫大境界不明瞭
  • 造影効果は不均一で通常一部のみが造影される。
  • 低悪性度でも造影される。

参考記事)脊髄星細胞腫の画像診断

▶︎星細胞腫と上衣腫の鑑別点

特徴 星細胞腫 上衣腫
好発年齢 小児〜若年者 成人
占拠部位 偏心性 中心性
境界 不明瞭 明瞭
出血 あまりない よくある(hemosiderin cap)
造影効果 局所的 一定しない

Sponsored Link

 

関連記事はこちら