Sponsored Link

肺癌の手術を受けた後に起こりうる合併症について、頻度の多い順に列挙しました。

Sponsored Link

肺癌の術後合併症

  1. 治療を必要とする心房性不整脈 11%
  2. 5日を超えるエアリーク 8%
  3. 肺炎 4%
  4. 気管支鏡検査を必要とする無気肺 3.5%
  5. 再挿管 3.5%
  6. その他の呼吸器のイベント 3.5%
  7. 尿路感染症 1.5%
  8. 腎障害 1.5%
  9. 急性呼吸窮迫症候群(ARDS) 1%
  10. 気管切開
  11. 48時間を超える人工呼吸管理
  12. 治療を必要とする心室性不整脈
  13. イレウス
  14. 敗血症
  15. 再手術を必要とする出血
  16. 気管支胸腔瘻
  17. 肺塞栓症
  18. 心筋梗塞
  19. 治療を必要とする深部静脈血栓症
  20. 膿胸
  21. 創感染
  22. 中枢神経のイベント
  23. 反回神経麻痺
  24. 乳び胸
  25. せん妄
  26. その他

肺炎

高齢者や、ヘビースモーカー、リンパ節の郭清例に特に多い。術後変化や炎症により気管支壁浮腫をきたし閉塞性肺炎を起こすこともある。

気管支瘻

気管支に瘻孔が形成され、特に胸腔と連続することがある。

乳び胸

リンパ節郭清などによる胸管損傷により起こる。食事摂取時から胸腔ドレーンの排液が白濁し、量が増える。

参考)画像診断 Vol.33 No.11 臨時増刊号 2013 s31-36

Sponsored Link

 

関連記事はこちら