Sponsored Link

海馬硬化症

側頭葉てんかんの原因疾患として最多

・扁桃核硬化などを含めた側頭葉内側病変を総称して、内側側頭葉硬化(mesial temporal sclerosis)と呼ばれる。こちらの呼称の方がより適切と言われる。

・病理学的には、海馬、扁桃体から海馬傍回に及ぶ神経細胞脱落やグリオーシス。

・最も障害されやすい部位は海馬内アンモン角の中のCA1領域で、次いでCA3,CA4、海馬歯状回領域となる。CA2および海馬台は比較的保たれることが多い。

MRI画像所見

・海馬長軸に直交する斜位冠状断が有用。

海馬・扁桃体の萎縮

T2強調像やFLAIR像での海馬領域の高信号域。ただし大脳辺縁系は正常でもFLAIRで高信号を呈するので判断には注意を要する。

冠状断(T2WI,FLAIR)におけるhippocampal striationと言われる線状の低信号(浅髄板と連続してアンモン角の深層に沿って認める白質線維)の部分消失

・その他:海馬傍回の皮質白質境界の不鮮明化。海馬歯の凹凸の平坦化。

・両側に認められることもある。(2割)

・二次所見としては、脳弓、乳頭体の萎縮、側脳室下角の開大や患側側頭葉〜大脳半球の萎縮。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら