Sponsored Link

特殊なSAHとは?

  • 中脳周囲SAH(perimesencephalic SAH)
  • 外傷性SAH
  • 脳動静脈奇形によるSAH
  • 脳動脈解離によるSAH
  • 脳腫瘍によるSAH
  • 脊髄病変によるSAH

SAHは動脈瘤の破裂によるものが多いですが、それ以外が原因になることがあります。

中脳周囲くも膜下出血(perimesencephalic SAH)とは?

  • 出血源として脳動脈瘤(脳底動脈系が多く3−9%)などを同定できないものをperimesencephalic nonaneurysmal SAHというが、これと同義として扱われる。
  • 脳幹周囲の静脈の破綻が原因と推定されており、再出血はしない。
  • SAH全体の10%を占める。(結構ある)
  • 脳幹腹側に限局することが多い。
  • 予後良好(なことが多い)のSAH。経過観察でよい。
症例 80歳代男性

perimesencephalic SAH

外傷性くも膜下出血

  • 受傷部位とその近傍・対角延長線上(coup・contre-coup injury)に血腫が存在するので、この部分を中心に観察する。
  • 脳挫傷や硬膜下血腫を伴うことが多い。
  • 全身的な外傷では、脊柱管内にもSAHを認める。

詳細は、外傷性くも膜下出血のまとめへ。

参考&引用改変文献)
・画像診断2007年6月 くも膜下出血の画像診断 大阪市立大学 下野太郎先生
・臨床画像2009年4月増刊号 救急画像診断 くも膜下出血 亀田総合病院 菊池陽一先生
・画像診断2010年8月くも膜下出血の画像所見 富山大学 野口京先生 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら