Sponsored Link

Barrett 食道 2010

・食道腺癌のリスク。慢性逆流性食道炎が原因。

Gatrointestinal Stromal Tumor(GIST)(2012,2009)

・胃に好発する。○ 胃が60〜70%>小腸20〜30%>大腸、食道 ★

・転移の中では播種、肝臓(最多)が多い。リンパ節転移は稀。★

・食道においては平滑筋腫のほうが多い。○

5 cm を超えるものは絶対的手術適応となる。○
※臨床的には腫瘍径2cm以上は相対的手術適応,5cm以上は積極的(絶対的)手術適応。病理組織所見が術前に得られたならば,≧5/50HPFは相対的手術適応,≧10/50HPFは積極的(絶対的)手術適応。

・転移,再発症例には分子標的治療薬が試みられる。○ イマチニブ

※潜在的な悪性腫瘍であるが、悪性経過をたどるのは30%。
※転移は主に血行性で肝が主。

炎症性腸疾患

・UC=中毒性巨大結腸pseudopolyposisハウストラの消失直腸から連続性、び慢性に口側に向かってびらんや潰瘍

・クローン病=敷石状粘膜縦走潰瘍腸管狭窄や瘻孔skip lesion

・腸結核=回盲部、String sign(潰瘍による輪状狭窄)、Stierlin’s sign(回盲部で造影剤が流れる像)

・薬剤性腸疾患=target sign, accordion sign

腹部単純 X 線写真 2012,2009

・背臥位像における気腹(free air)のサイン:football signなど

continuous diaphragm sign縦隔気腫のサイン。

angel wings sign縦隔気腫のサイン。

incomplete border sign胸壁病変を示唆する所見。
※陰影の一部のみ鮮明な辺縁を示すもの。腫瘤が胸壁の軟部組織に連続する部分で消失するサイン。

deep sulcus sign気胸のサイン。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら