Sponsored Link

被曝を低減するための方法

・透視時間を短縮する。

・X 線管焦点と被検者間の距離を離す。

蛍光増倍管と被検者の距離を離さない
※離すと、被検者への線量は増加し、被検者および術者の被爆は増加する。

・管球前面に付加フィルターを装着する。

・パルス透視機能のパルスレートを減らす。

消化管用エックス線造影剤について 2011

・CT の経口造影剤としては 1~3% 程度の水溶性ヨード造影剤を用いる。

・上部消化管造影には 160% 前後の濃度の硫酸バリウムを用いる。
※上部は高濃度の120〜200%濃度を用いる。

・消化管穿孔が疑われるときは水溶性ヨード造影剤を用いる。
水溶性ヨード造影剤とはガストロのこと。

・注腸造影には 70% 前後の濃度の硫酸バリウムを用いる。
※下部は低濃度の30-80%濃度を用いる。

・誤嚥の評価に水溶性ヨード造影剤(つまりガストロ)を用いてはダメ。
ガストロは誤嚥すると肺水腫起こすからだめ。

バリウムによる胃 X 線検査の合併症

・便秘、蕁麻疹、イレウス、誤嚥性肺炎

・小腸穿孔は頻度低い。

X線造影による造影剤の禁忌・合併症

バリウム

・粘膜面への付着良好→造影効果高い。
・禁忌=消化管穿孔、閉塞
・合併症=便秘、腸閉塞、消化管穿孔、アレルギーなど

ガストログラフィン

・粘膜面への付着不良→造影効果低い。
・長所:消化管穿孔、閉塞にも使用可能。腸管粘膜から吸収され腎より排泄。
・禁忌:誤嚥、嚥下困難
・合併症:誤嚥(肺水腫)

Sponsored Link

 

関連記事はこちら