Sponsored Link

マンモグラフィ

・spiculation を呈すのは? 硬癌、浸潤性小葉癌、術後瘢痕、fat necrosis、sclerosing adenosis、膿瘍、放射状瘢痕などがある。

・シャーカステンは通常より明るいものを使用する。高輝度。

・一方向のみの撮影では MLO(medio lateral oblique)view にする。

・乳頭が側面を向いているのが良い。

・良性を示唆する所見=低濃度の腫瘤、石灰乳石灰化
※低濃度の腫瘤は嚢胞内癌あるいは粘液癌を代表とする限局性で比較的濃度の低い癌のこともありうるが、通常は良性。

【石灰化】

[deco_bg image=”marker-b” width=”550″]

明らかな良性石灰化

円形
中心透亮性
石灰乳 (上から見るとTea cup sign、嚢胞内)
線維腺腫(粗大あるいはポップコーン状)

・分布では、
びまん性/散在性>領域性>集簇性>線状>区域性
長軸が乳頭方向に向かない。       向く。
←良性                 悪性→

[/deco_bg]

・悪性を示唆する石灰化=微細分枝状★、微細線状、多形性

乳腺超音波検査で悪性を示唆する所見

・ハローサイン
境界部高エコー像(halo)は悪性を示唆する。周囲への浸潤を示唆する。

・腫瘤後方の音響陰影
※腫瘍内に線維成分を多く含むため、後方エコーは減弱あるいは欠損をきたす。胆石でaccoustic shadowを形成するのと同じ。硬いから。

[deco_bg image=”marker-b” width=”550″]

内部エコー
・エコーレベルは皮下脂肪層のエコーレベルと比較して、無・極低・低・等・高の5段階に区分する。
・点状高エコーは微細石灰化を示唆する(必ずしもイコールではない)。

後方エコー(良悪性ではなく、組織成分の推定に有用)
・水分量(細胞量)と線維成分量の比率が関与。
・周囲に比べて 水分(細胞)が多い=増強
線維成分が多い=減弱

なので、

・硬癌・浸潤性小葉癌:線維成分が多い→減弱
・嚢胞・粘液癌:水分が多い→増強
・充実腺管癌・髄様癌:細胞が多い→増強
※粗大石灰化を有する線維腺腫は超音波が反射して、後方エコーは欠損。

[/deco_bg]

線維腺腫 2012【新傾向】

・ 画像診断による葉状腫瘍との鑑別は容易ではない。

・超音波検査では境界明瞭平滑な腫瘤像を示す。

ポップコーン様石灰化がマンモグラムでの典型的所見である。

・MRIでは粘液癌との鑑別は困難である。粘液癌と線維腺腫は似ている

※ともにT2WI高信号、ダイナミックにて漸増型に造影される(線維腺腫はT2WIで低信号のことも、ダイナミックにて急速にプラトーに達することもある。)

・MRIの信号強度には結合織成分の多寡が大きく反映される。

粘液癌 2012

・T1 強調像で低信号を示す。

・造影 MRI は漸増型の造影パターンを示す。

※通常型の乳管癌や、髄様癌のようにwash outパターンではない。

・T2 強調像で高信号を示す。

・辺縁は明瞭である。

※悪性で境界明瞭平滑な腫瘤=髄様癌、粘液癌、充実腺管癌、嚢胞内癌、悪性リンパ腫の転移。

・腋窩リンパ節転移は稀。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら