Sponsored Link

脳出血とCT値

  • CTにおいて急性期出血は高吸収を示す。これは血液が血管外に漏出後、血漿成分が吸収され、ヘマトクリット値(Ht)が上昇するから。
  • 脳実質のCT値は白質30〜34HU、灰白質37〜40HU程度であり、脳実質内に出た血腫はCT値50〜60HU程度を示し高吸収を示すので同定できる
  • 貧血症例では血腫のCT値が低下するため、認識困難なこともあり注意を要する。

血腫と経時的変化

  • 血腫は4〜7日後から辺縁から低吸収になっていく。
  • 2〜4週間後には血腫は等吸収となる。
  • この時期に造影CTを施行すると、血腫の辺縁部にリング状の造影効果が認められる。
  • 慢性期の1ヶ月以後では低吸収値を示し、数ヶ月の経過では嚢胞化を示す。

CThemorrhage

関連記事)脳出血のCTにおける経時的変化

血腫CTの上限

・理論的に血腫のCT値はヘマトクリット値が100%でも94HUとされており、95HUを超えるものは血腫ではない

・したがって、出血と紛らわしい石灰化病変との鑑別はCT値を測定することで鑑別可能。

  • CT値>95HU →出血ではない。石灰化など。
  • CT値<95HU →出血の可能性を否定できない。

関連記事)脳の生理的石灰化(頭部CT、頭蓋内)

Sponsored Link

 

関連記事はこちら