Sponsored Link

裂離骨折(avulsion fracture)

・小児、若年者の骨端線は成長軟骨が残存。

・骨端線は筋肉・腱、靭帯より強度が低く、牽引力によって骨端線離開が生じる。

Sponsored Link

・骨盤では二次骨端(apophysis)に好発する。成長期を過ぎると骨端線は閉鎖するので頻度は低くなる。

レントゲンでは、裂離した骨片の同定ど骨折線の骨欠損や辺縁不整

MRIでは骨髄浮腫を認める。

avulsion fracture

http://www.kokolo-seitaishitu.com/kotuban.htmlより引用改変

好発部位 付着する筋と骨癒合の年齢
坐骨結節 ハムストリング=後大腿筋群(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)、20-25歳
上前腸骨棘 縫工筋、大腿筋膜張筋、16-20歳
下前腸骨棘 大腿直筋、25歳
恥骨結合(and恥骨下枝) 内側大腿筋群(長・短内転筋、薄筋)、20-25歳
腸骨稜 腹筋群、17ー18歳
小転子 腸腰筋
大転子 中・小臀筋、内閉鎖筋、双子筋、梨状筋
症例 10 歳代の男子。右臀部痛。約 1 ヵ月前のサッカーの練習中に出現。

avulsion fracture2012年放射線科診断専門医試験問題10より引用。

2枚目で右坐骨結節に裂離骨折を認めている。

症例 15 歳の男子。左股関節痛。

痛みはサッカー練習中に出現した。発症から 2 週後の骨盤 X 線単純写真。

avulsion fracture12011年放射線科診断専門医試験問題19より引用

左下前腸骨棘に裂離骨折あり。サッカー少年のキック動作が機転になる。

参考)骨軟部疾患の画像診断 第2版 上谷雅孝先生

Sponsored Link

 

関連記事はこちら