Sponsored Link

超急性期脳出血のMRI所見は?

CTですと白く映る(高吸収)ので脳出血は分かりやすいですが、MRI firstで撮影した場合に、本当に出血なのか不安になることがあります。
実際は難しいところもありますが、梗塞(虚血)と出血の鑑別点をみてみましょう。

超急性期脳出血の特徴は?

発症直後から信号変化を認める(梗塞だと信号変化が出現するまでに、DWIでも30分程度はかかる。)

T2強調画像(T2WI)

  • 中等度高信号(オキシヘモグロビン)
  • 辺縁部に低信号(デオキシヘモグロビン)
  • 周囲に軽度浮腫(高信号)

hemorrhage

拡散強調画像(DWI)

  • 中心部は高信号およびADCの低下(オキシヘモグロビン)
  • 辺縁部は磁化率変化による低信号(デオキシヘモグロビン)
病期 ヘム鉄の変化局在 T2WI T1WI CT
超急性期(1-24時間) オキシヘモグロビン/赤血球内 Fe2+/反磁性 軽度high 軽度low high
急性期(1-7日間) オキシヘモグロビン(O2持ってる)/赤血球内 Fe2+/常磁性 low 軽度low high

 

このように出血の場合は、

  • 発症直後から信号変化を認める点
  • 直後はT2WIで軽度高信号(ネズミ色)を認める点

が重要です。

症例 70歳代 男性 ふらつき

cerebral hemorrhage acute MRI

尾状核頭からの出血による脳室穿破。同日のMRI T2WIにてねずみ色の血腫あり。超急性期の出血に矛盾しない所見。

 


症例 皮質下出血

hemorrhagemri2hemorrhagemri1

動画で学ぶ急性期脳出血のMRI所見

超急性期脳梗塞・脳虚血の特徴

・発症直後からは所見はみとめない。虚血中心から徐々に広がる。

T2強調画像では12時間以上経過しないと血管性浮腫による信号変化は出現しない。

拡散強調画像では発症30分程度で所見が出現しうるが、

・拡散異常範囲<最終梗塞範囲<灌流異常範囲
・また、虚血の強度、病態によるので、必ずしも見られるとは限らない。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら