Sponsored Link

胆道癌の分類

・胆管癌(3つから以下の2つに変わった)

  • 肝門部領域胆管癌
  • 遠位胆管癌

・胆嚢癌

・乳頭部癌

胆管癌

  • 肝門部領域胆管癌
  • 遠位胆管癌

の2部位にわけられるように変更となった。

  • 肝門部胆管癌は、一次分枝まで。

胆道癌の病理肉眼分類

  • 乳頭型
  • 結節型
  • 平坦型

胆道癌の病理組織分類

神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine neoplasm(NEN))が導入された。

胆道癌の前癌病変、非浸潤性腫瘍病変

  • 胆管内上皮性腫瘍 Biliary intraepithelial neoplasm (BilIN)
  • 胆道内乳頭状腫瘍 Intraductal papillary neoplasm of bile duct(IPNB)
  • 胆嚢内乳頭状腫瘍 Intracystic papillary neoplasm of bile duct(ICPN)

胆道内乳頭状腫瘍 Intraductal papillary neoplasm of bile duct(IPNB)

・拡張した胆管内に発育する乳頭状腫瘍。

・肉眼的に同定可能な病変。

・粘液の過剰分泌を正常胆管、慢性の胆管障害に発生。

・組織学的に、乳頭状の高分化な上皮系腫瘍。

嚢胞性腫瘍性病変(2つ)

  • 嚢胞形成性IPNB
  • 粘液嚢胞性腫瘍MCN

嚢胞性IPNB

・卵巣様間質がない。

・プロゲステロン、エストロゲン受容体の発現がない。

胆管腔と連続している。

胆嚢内乳頭状腫瘍 Intracystic papillary neoplasm of bile duct(ICPN)

Am J Surg Pathol. 2012 Sep;36(9):1279-301.

Am J Surg Pathol. 2012 Sep;36(9):1279-301.を引用改変

Sponsored Link

 

関連記事はこちら