Sponsored Link

炎症性乳癌(Inflammatory breast cancer)

・炎症性乳癌は通常腫瘤を認めず、皮膚のび まん性発赤、浮腫、硬結を示す。

・乳房の浮腫状の腫脹と皮膚の発赤(橙皮様 皮膚 peaud’orange)をきたし、疼痛、熱感がみられる。

・病理組織学的には、皮膚のリンパ管内に癌 細胞の塞栓が見られる。

・診断時には20-30%に遠隔転移が認められる。

画像所見

・炎症性乳癌に特異的画像所見はない。

▶マンモグラフィ

  • 皮膚肥厚、梁柱の肥厚、構築の乱れ、びまん性の濃度上昇。

▶超音波

  • 90%以上で腫瘤、構築の乱れなどの乳房内の異常を検出。
  • 皮膚肥厚、リンパ節腫大など。

▶MRI

  • 原発巣および皮膚の異常の検出
  • 乳房浮腫(皮下や胸筋前のT2高信号域)
  • 皮膚肥厚、皮膚の濃染
  • びまん性もしくは境界不明瞭な濃染域
  • 潜在性炎症性乳癌の診断に有用

Sponsored Link

 

関連記事はこちら