ガングリオン(ganglion)

・全年齢層に生じるが、特に10〜40歳の女性。

・内部にゼリー状の液体を含む嚢胞性病変。

手や足の甲側など(特にMP関節)関節周囲の関節包、腱や靭帯、腱鞘などに接して生じることが多い。あとはに多い。

・稀に関節内、骨内、骨膜下などに起こることがある。

・発生原因は明確にされていないが、滑膜あるいは結合組織の粘液変性などが考え られている。

・比較的硬い腫瘤。通常圧痛はない。

・合併症としては、手根管症候群、ギヨン管症候群がある。

・関節内のガングリオンはほとんどが前・後十字靭帯に接してみられる。

画像所見

T1強調像で低信号、T2強調像で明瞭な高信号を呈する嚢胞性病変。

分葉状で隔壁を有する事が多い。

・靭帯や腱鞘と接した嚢胞、高ADC。



スポンサーリンク



関連記事はこちら