Sponsored Link

淡蒼球を中心とした基底核にT1強調像で高信号を呈する鑑別疾患

  • 肝性脳症 、門脈系-体循環系短路
  • カルシウム・リン代謝異常
  • 慢性後天性肝脳変性症
  • ビタミン欠乏などの栄養障害
  • HIV脳症
  • 低血糖脳症
  • 低酸素脳症
  • 出血性梗塞
  • 長期中心静脈栄養(IVH)に関連した変化 高カロリー輸液(輸液中に含まれるMnなどの微量元素が原因と考えられている。)
  • 糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症(被殻中心、時に尾状核)など
  • 神経線維腫症Ⅰ型のhamartomatous lesion

Sponsored Link

 

関連記事はこちら