Sponsored Link

非定型的所見に注意する

患者:
・若年:Wilms腫瘍、転座腎癌
・女性:嫌色素性癌、後腎性腺腫、粘液状管状紡錘形細胞癌など
画像:
・腎外性突出:後腎性腺腫、血管筋脂肪腫
・腎盂から放射状:集合管癌、浸潤性腎盂癌
・Hypovascular:嫌色素性癌、後腎性腺腫
・車軸状血管:オンコサイトーマ
肉眼:
・ベージュ色:嫌色素腎癌
・マホガニー色:オンコサイトーマ
・灰白色:集合管癌

規約で扱わない腫瘍にも注意

・カルチノイド:馬蹄腎に合併することある。

・腎滑膜肉腫:極めて稀、約30例の報告。

腎原発肉腫の診断

・常に転移の可能性を考えて除外する。他臓器に原発と思われる病変がない。

・肉眼的に腎原発が示唆される。

・後腹膜からの浸潤ではない。後腹膜は肉腫の宝庫。

・類肉腫腎癌、血管筋脂肪腫の可能性が除外される。

・カルチノイド、神経内分泌癌などについても同様。

類上皮血管筋脂肪腫

・結節性硬化症に合併したRCCは眉唾

・平滑筋様成分が類上皮状形態を示すmalignant potentialを有するまれな間質系腫瘍

・半数以上は結節性硬化症に合併。

・平均38歳。

・存在を知り、疑う事が大事。

・Hamartin(TSC1)とtuberin(TSC2)はmTOR経路を抑制的に調節する。

腎癌を診断する上で重要なこと

・頻度の高い腎腫瘍の診断を誤らない:淡明細胞型腎細胞癌の診断を確実に除外した後、他組織型を吟味

・予後、治療法の異なる組織型を間違えない:集合管癌と乳頭状腎細胞癌、類肉腫癌とMTSCC、腎芽腫と後腎性腺腫

・腎腫瘍は腎細胞癌ばかりとは限らない:腎盂由来の腫瘍、小児腫瘍、類上皮性AMLoma、JGoma、MESTなど。希少な組織型は転移を除外する。

・腫瘍と非腫瘍を間違えない:集合管癌、浸潤性尿路上皮癌と腎盂腎炎、淡明細胞癌と黄色肉芽腫性腎盂腎炎。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら