Sponsored Link

腎癌取扱い規約(第4版)(2011年発行)の主な改定点

・WHO分類(2004)に準じた組織型分類:これが一番大きな改定

・TNM分類(2009年版)採用した。

・核異型度にFuhrman分類を併記した。

・成長増殖様式に関する記号の追加。

・腎実質性上皮性腫瘍が対象:腎盂、非上皮性、混合性腫瘍などは対象外。後腎性腫瘍は付記事項。

・とはいえ病気はborderless(腎盂癌、肉腫、混合性腫瘍、小児腫瘍、転移を忘れてはならない)

なので、鑑別を挙げるときは広く視野を持つ。

Fuhrman分類による核異型評価

Grade1 核の直径:10μm未満、核は円形・整、核小体は不明瞭。
Grade2 核の直径:10-15μm、核はやや不整、核小体は対物40倍で認識。
Grade3 核の直径:15-20μm、核は顕著な不整、核小体は対物10倍で認識。
Grade4 巨大細胞もしくは紡錘形細胞

※Fuhrman gradeでは核異型度を4段階で分類している。日本では3段階。核が大きくなると悪性度が増し、gradeが上がる。

※リンパ球は10μmの大きさなので、それを物差しにして大きさを見る。

腎細胞癌分類(1985年以前)

・当初はシンプルなものだったが、近位と遠位ネフロンのマーカーなどがわかってきた。

→どの部分に類似しているかわかるようになってきた。(類似≠由来)

・2004年WHO分類では、分類が細かくなった。顆粒型の腎細胞癌は削除された。

→2011年の腎取り扱い規約へと変わっていった。

腎腫瘍の診断に有用な免疫組織化学マーカー

淡明細胞型腎細胞癌:CD10,CD15,RCC-ma,N-cadherin,CA-Ⅸ
乳頭状腎細胞癌:AMACR(P504S)、CK7
嫌色素性腎細胞癌:EMA,c-kit,E-cadherin,CK7
オンコサイトーマ:EMA、E-cadherin、mitochondria antigen
集合管癌:HMW-CK、UEA-1、PAX8
粘液管状紡錘細胞癌:AMACR(P504S),CK7
転座型腎細胞癌:TFE3、TFEB、cathepsin K、melanosome(HMB-45)
腎芽腫/後腎性腺腫:WT1,CD57
血管筋脂肪腫、類上皮性血管筋脂肪腫:melanosome(HMB-45)、SMA、Melan A、tyrosinase、microphthalmia transcription factor(MiTF)
尿路上皮癌:HMW-CK、uroplakin3、thrombomodulin、p63、GATA3

(kuroda,nagashima et al.Pathol Int,2013)

腎癌の組織型

[illust_bubble subhead=”腎癌の組織型って” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]たくさんありますよね。何を覚えればいいですか?[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”まずは、” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]

・淡明細胞型腎細胞癌(Clear cell RCC)
・乳頭状腎細胞癌(Papillary RCC)
・嫌色素性腎細胞癌(Chromophobe RCC)
・上記腫瘍の肉腫様変化(sarcomatoid change)
・透析関連腎癌(※日本独特)

を押さえましょう。これで9割カバーできます。[/illust_bubble]

腎癌の組織型別予後

成人例で最も遭遇する組織型別予後の悪い順は、

[icon image=”point1-1-r”]肉腫様変化を伴った腎癌

[icon image=”point1-2-r”]淡明細胞型腎細胞癌

[icon image=”point1-3-r”]乳頭状腎細胞癌

[icon image=”point1-4-r”]嫌色素性腎細胞癌

※嫌色素性は肉腫様にならないと転移も少ない。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら