びまん性膀胱壁肥厚の鑑別診断

びまん性膀胱壁肥厚をきたす頻度の多い病態

  • 前立腺肥大や膀胱炎に伴うもの(最多)
  • 膀胱内腔の拡張不良
  • 前立腺肥大や神経因性膀胱による肉柱形成(trabeculation)
  • 慢性膀胱炎(感染(結核)、機械的刺激、薬剤、放射線、アレルギーなど)
症例 60歳代 陰茎がん術後、術後化学放射線療法施行後

bladder wall thickness due to radiation therapy

膀胱壁はびまん性に壁肥厚あり。

経時的な変化は認めず、放射線治療に伴う慢性膀胱炎(膀胱壁肥厚)としてフォローされています。

びまん性膀胱肥厚を来す稀な病態

  • 膀胱壁浮腫、出血
  • 悪性腫瘍(原発性(特に腺癌)、転移性、悪性リンパ腫の2次性involvement)、
  • 増殖性膀胱炎
  • 好酸球性膀胱炎
  • 薬剤性膀胱炎
  • ループス膀胱炎


関連記事はこちら