Sponsored Link

99mTc-GSA肝受容体アシアロシンチ

・受容体シンチ=アシアロシンチ 99mTc-GSAを用いる。

・肝細胞膜表面に存在するアシアロ糖タンパク受容体と特異的に結合し、受容体を介して肝細胞内に取り込まれる。アシアロ糖タンパク受容体量は機能している肝細胞数に比例し、99mTc-GSA 肝シンチグラフイにより肝予備能の評価が可能である。

Sponsored Link

肝予備能低下で心プールの描出が持続する。

 

肝機能障害
→心臓に停滞して、肝に取り込まれない。
→心での集積↑、肝での集積↓

・定量的指標として、99mTc-GSAの血中消失率の指標としてのHH15、肝集積の指標としてのLHL15 などのパラメータが用いられる。

  • HH15=H15/H3 (H3は3分後に心に集積)15分経っても心への集積が多ければ、肝機能障害あって心に停滞していることを意味する。つまり、この値は低い方が正常。<0.61
  • LHL15=L15/H15+L15 15分経っても心へ停滞多ければ分母が大きくなり、値は小さくなる。なので値は大きいほうが正常。>0.91
症例 50 歳代の男性。肝受容体シンチグラム。

99mTc-GSA2013年放射線科診断専門医試験問題71より引用。

3分後と比較して15分後で集積は見た目半分程度には低下しており、肝機能障害は正常範囲と考えられる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら