Sponsored Link

投球障害肩の分類

投球肩障害

・定義:肩の痛みや脱臼感などのために思い通りに投げられない疾患群。投球を障害する病変を有する肩の総称。

※ラケット競技・バレーボールなどのoverhead activityでの肩の障害→広義の投球障害肩

・特徴:受傷機転が異なる様々な病態が単独あるいは重複して存在する。可逆性の(治癒可能な)ものから不可逆性のものまで程度は様々。

投球動作の分類

・ワインドアップ期→コッキング初期→コッキング後期→加速期→減速期→フォロースルー期の6つに分けられる。

コッキング後期=最大外転・外旋

・上腕骨頭に前方に脱臼しようとする力が働く→前方関節唇、関節上腕靭帯損傷、腱板疎部損傷

・骨頭と関節窩の後上方での衝突(関節内インピンジメント)→後上方関節唇損傷、腱板後部の関節側損粗放

・烏口肩峰アーチによる腱板圧迫(肩峰下インピンジメント)→腱板損傷(滑液包側)

・上腕二頭筋長頭腱付着部に後方への回旋力→上方関節唇損傷(SLAP病変)

加速期=外転・外旋から急激な内旋

・上腕骨頭が烏口肩峰アーチに衝突→肩峰下滑液包・腱板上部の圧迫・摩擦→腱板損傷(棘上筋腱・滑液包側)、肩峰下滑液包炎

・上腕骨頭への回旋トルク→成長期ならば閉鎖前の骨端線へのストレスがかかる→リトルリーグ肩(上腕骨近位骨端線離開)

 減速期〜フォロースルー期=肩の内転・内旋、肩の前方への伸展

・後方関節唇/関節包・関節窩後縁への牽引力→後方関節唇/関節包損傷、Bennett lesion

・上腕二頭筋長頭の収縮→その付着部での牽引→上方関節唇損傷(SLAP病変)

投球動作における腱板損傷の原因

①肩峰下インピンジメント:主に減速期

  • 烏口肩峰弓と腱板の衝突・摩擦→滑液包側部分断裂

②腱板への牽引力:主に減速期

  • 骨頭付着部の関節側の線維により大きくかかる→関節側部断裂

③関節内インピンジメント:コッキング後期

  • 骨頭と関節窩の後上部の衝突し、腱板(後上部)がはさまれる。→関節側部部分断裂

Sponsored Link

 

関連記事はこちら