上鼓室型(弛緩部)真珠腫

  • 真珠腫の中で最も頻度が高い
  • 真珠腫の白色塊が鼓膜弛緩部に顔を出しており、鼓膜緊張部は正常にみえる。
  • 鼓膜弛緩部の内陥から始まる。debrisの産生が過剰となると貯留し、真珠腫となる。

Cholesteatoma figure1

上のイラストのように上鼓室型(弛緩部)真珠腫は鼓膜の弛緩部のところから入り込んでいき、鼓室の上の方(鼓室天蓋から乳突蜂巣へとかけて)へ進展していくのが特徴です。

関連記事)癒着型(緊張部)真珠腫のまとめ(後上部型、全癒着型)

上鼓室型真珠腫進展度分類案2008(日本耳科学会)

Stage Ⅰ

真珠腫が上鼓室に限局

StageⅠの亜分類 (陥凹部の性状)
a:陥凹内の自浄能が保たれている (上鼓室陥凹)
b:陥凹内に貯留したdebrisの清掃が困難
(記載例:Stage Ⅰaなど)

Stage Ⅱ

真珠腫が上鼓室を超えて乳突部(M)や鼓室内(T)に進展

StageⅡの亜分類 (真珠腫進展範囲)
A (attic):上鼓室(初発部位)
M (mastoid):乳突部
T (tympanic cavity):鼓室
P (protympanum):前鼓室
(記載例:StageⅡM, StageⅡMTPなど)

Stage Ⅲ

次のような合併症・随伴病態を伴う

  • 顔面神経麻痺:FP
  • 頭蓋内合併症:IC
  • 迷路瘻孔(膜迷路と母膜が接しているもの):LF
  • 高度内耳障害(会話領域いずれかの骨導値がスケールアウト):LD
  • 外耳道後壁の広汎な破壊(骨部外耳道長の約1/2以上):CW
  • 鼓膜全面の癒着病変(atelectatic ear):AE
    (記載例:StageⅢLF/CWなど)

鼓室型(弛緩部)真珠腫の治療

  • stage Ⅰa:外来における治療でも対応できる時期
  • stage Ⅰb:内視鏡を併用した上鼓室形成術が適応できる時期
  • stageⅡ:外耳道保存、段階的鼓室形成術の適応
  • stegeⅢ:外耳道削除鼓室形成術の適応となる時期。


関連記事はこちら