Sponsored Link

閉塞性動脈硬化症(ASO: arteriosclerosis obliterans)のまとめ

慢性動脈閉塞症の自覚症状(Fontaine分類および改変

第Ⅰ度 四肢の冷感、しびれ感 ABI>0.7
第Ⅱ度 間欠性跛行a200m以上、b200m以下 0.3~0.7
第Ⅲ度 安静時疼痛 <0.3
第Ⅳ度 指趾の潰瘍、壊死a:虚血性潰瘍、壊死b:感染性壊死、壊疽

・ABI=足関節最高血圧/上腕最高血圧(左右高い方)

・ABI<0.9ならASO疑い、>1.3なら中膜石灰化疑い。

Sponsored Link

Rutherford分類

臨床定義 客観的基準
0 0 無症状 トレッドミル(TM勾配12%2mph5分)正常
1 軽度跛行 TM後の足関節圧(AP)>50mmHg
2 中等度跛行 1群と3群の中間
3 高度跛行 TM不能および運動後AP<50mmHg
4 虚血性安静時痛 安静時AP<40mmHg、TP<30mmHg
5 軽度組織喪失 安静時AP<60mmHg、TP<40mmHg
6 広範な組織喪失 5群と同じ

・重症虚血肢(critical limb ischemia:CLI)→ABI<0.5、AP<50mmHg、TP<30mmHg

ASOに対する治療

①運動療法、②禁煙、③薬物療法

運動の種類 歩行運動 自転車運動
主働筋 腓腹筋 外側広筋

・間欠性跛行があっても、自転車はこげることが多い

・監視下運動療法:トレッドミル歩行(傾斜12%、40m/分)を疼痛出現で中止し、症状消失後運動再開1日1時間、週3回、3~6ヶ月行う。400m以上歩行可能なら速度上げ、53m/分以上可能なら傾斜もあげる。

・ヘパリン運動療法(3000単位/日)

ASOとTAOの鑑別

ASO TAO
病因 動脈硬化 血管炎
治療 血行再建術 交感神経節切除術
好発年齢 50歳以上 20~40歳
男女比 90%対10% 95%対数%
罹患動脈 中~大動脈 小~中動脈
間欠性跛行 60~70% 40~50%
遊走性静脈炎 なし あり30~50%
難治性潰瘍 20% 50%、疼痛強い
指趾の虚血性変化 なし 頻発

・プロサイリン>リプル 効果が強い

間欠性跛行

ASO 片側性痛み、休憩にて症状軽快

SCS 両側性痛み+しびれ、前傾姿勢で症状軽快

Sponsored Link

 

関連記事はこちら